働き方改革できていますか?ビジネス成長意識やデジタルの活用は不十分が現状

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー西村です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
『働き方改革は労働時間削減が主体—ビジネス成長意識やデジタル活用は不十分』
※出典「https://japan.cnet.com/article/35109846/」より引用

☆始めに・・・
現在、日本は働き手がどんどん減ってきています。
希少な働き手を有効活用するためにも、今働き方改革が全国の企業で行われています!!
とは言っても、働き方改革をして実際に効果が出ているのでしょうか?
今回は働き方改革が実際にできている企業はどのくらいなのかをお伝えしようと思います。

◇◆働き方改革の目的その1「生産性向上」◆◇
まず、働き方改革の一つ目の目的として、一人一人の生産性の向上です!
働き手が減ってきている中で、個々の力というものがとても大切になってきています。一人のスタッフが多くの仕事を捌くことができると生産性を上げることができますが、日本はこれがとても苦手で、無駄な仕事がとても多いのが現状です。

◇◆働き方改革の目的その2「ワークライフバランスの実現」◆◇
次に、ワークライフバランスの実現です。
以前のブログで紹介させていただきましたが、今の若い世代はワークライフバランスを重視しています。いうならば、プライベートが実現できてこそのお仕事なのです!!
ちなみに、今日私は大学の企業説明会にお邪魔させていただきました。
そこで、学生が口をそろえて言うことが、「休日はどのくらいありますか??」「休みは充実していますか??」と質問してきました。
改めて、若い世代はプライベートを充実したいという気持ちが強いことがわかりました。

◇◆ワークライフバランスの実現は徐々に改善◆◇
働き方改革が上手くいっていると感じている企業は、45%ほど。逆に効果が出ていない企業は46%と、どっこいどっこいですね。
働き方改革の取り組みが上手くいっているものについては、「残業時間の削減」や「有給休暇の消化促進」などの労働時間を減らす労働環境の改善はうまくいっているようです!
ということは、目的2で上げた「ワークライフバランスの実現」を達成できている企業が多いことになります!!
しかし、そんな中でも労働時間だけを削減する点で仕事量が変化していない点で無理が発生しているようです…
仕事量を適切にするのもワークライフバランスの実現につながる一歩です!!

◇◆生産性の向上は難航中◆◇
生産性の向上が上手くいっている企業の特徴として、デジタルテクノロジを活用している点が共通してあげられました。しかし、実際に活用しているのはたったの7%が現状です…
この、AIなどの最新テクノロジーの使うことによって生産性の向上に期待ができます!

例えば、最先端のテクノロジーを使って従業員を単純作業から改善することも可能です!そして、単純作業の解放ができれば、付加価値の高い業務に集中できる環境を与えることができます。従業員ひとりひとりが、わくわく、いきいきと仕事ができるように、このAIの活用が注目されると思います!

ワークライフバランスの実現はどんどん叶えられていますので、生産性の向上を解決すると、日本は世界でもトップクラスで働きやすい国になるのではと私は思いました。
AIの導入し、従業員がいきいきと仕事をする姿が増えると良いですね☆

以上、記事を読んでの西村の気づきでした!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 『「制度」ではなく「社内文化」をつくる!働き方改革』

  2. 若者ではなく55歳以上の高齢スタッフを雇うメリットとは?

  3. 【大学生★釘付け】抜群のアピール力があるキャンパス内広告は学生が多い4…

  4. indeed代理店

    62%の企業がリファラル採用の経験あり。 実施理由は、定着・活躍のしや…

  5. 『社員の遅刻が増えたらどうする?退職予備軍を見つけるには』

  6. 「入社前の情報収集が足りなかった」と20代転職経験者の3人に1人が後悔…