【大学生★釘付け】抜群のアピール力があるキャンパス内広告は学生が多い4~5月がチャンス!1番人気は「学食トレイ広告」を活用したムダ打ちゼロのブランディング広告!

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー初田です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
【大学生★釘付け】抜群のアピール力があるキャンパス内広告は学生が多い4~5月がチャンス!1番人気は「学食トレイ広告」を活用したムダ打ちゼロのブランディング広告!
※出典「http://hrog.net/2017110958028.html」より引用

この記事ではブランディング広告の一例で【学食トレイ広告】が紹介されていました。

みなさんは食事の時に利用する「トレイ」に貼られている広告を目にしたことはありませんか?

この記事を読んで私は大学時代に食堂でお昼ご飯を食べていたころを思い出しました。残念ながら「学食トレイ広告」に出会ったことはないのですが、トレイに貼ってある広告は割と見ていた記憶があります。
例えば調理に時間のかかるメニューを注文した時、または行列ができて待ち時間がある時、なんとなく「トレイ」に目が行きました。
お昼ご飯はいつも同じメンバーで食べることが多かったので話のネタが尽きたときにみんなでそれを見て話したこともありました。

だからこそ、就職活動をしている時期にこの「トレイ」に出会って、知らない企業を見つけることができていたら「面白いことをしている企業だ!」と思って友だちと一緒に受けていたのかなとも思いました。
学生の頃は就職活動をするときにどうしても「みんなが知っている有名な会社で働きたい!」と思って就職活動をしてしまいがちです。
今思えば自分が知っていた有名な企業のほとんどがBtoCの大手企業でした。もちろんその会社はいい会社であることに違いはないのですが、もう少し視野を広げることをしてもよかったと今は思います。
だからこそ、BtoB向けの企業や、中小企業は学生にアピールする一つの場として「学食トレイ広告」を使ってみても面白いと思いました。

「就職氷河期」と言われた時代から一転、今は「売り手市場」が続いています。人を採るのが益々厳しくなるこれから、こういったブランディングは欠かせなくなってきているのだと感じました。

以上が「【大学生★釘付け】抜群のアピール力があるキャンパス内広告は学生が多い4~5月がチャンス!1番人気は「学食トレイ広告」を活用したムダ打ちゼロのブランディング広告!」
についての感想や気づきになります。
拙い文章ではありましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
今後、皆様により有意義な情報をお届けできるように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 「退職しようとする社員を無下に扱ってはいけない理由」

  2. 20代の就活経験者500人に聞きました/選考時に最も話を聞きたい人は「…

  3. 『ベースアップで社員のモチベーションを上げるためには?社員の本音』

  4. 「入社前の情報収集が足りなかった」と20代転職経験者の3人に1人が後悔…

  5. 『社員の遅刻が増えたらどうする?退職予備軍を見つけるには』

  6. 飲み会じゃなくてランチで良くない?会社懇親会の不満を解消する「部ランチ…