『ベースアップで社員のモチベーションを上げるためには?社員の本音』

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー芝です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
『お金は人のモチベーションを高めるのか。「ベースアップ」「月給」に対するサラリーマンの本音(調査結果)』
※出典「http://www.huffingtonpost.jp/enjapan/baseup-salary_a_23267785/?utm_hp_ref=jp-career」より引用

私は、この記事を読み、”ベースアップで社員満足度はなぜ上がらないのか?”という視点で考えてみました。

記事内で『エン転職』が調査した、ベースアップに関してのアンケートの結果は

◆モチベーションが高まった方は22%
◆モチベーションに関して上がるとも上がらないともいえない人は68%
◆モチベーション上がらない理由は「元の月給に満足していないため」67%

アンケート結果として、「元の月給に満足していない」から少々上がっても余り大差ないと考えている人が多いということなのでしょうか。

22%のポジティブな意見として、「ベアで基本給が上がるのでボーナスも上がるからモチベーションアップに繋がった」他にも「頑張りの評価が数値で現れたのがわかる」などの声がありました。

その中で、なぜ68%の人がモチベーションが上がらないのでしょうか?
実際、私も前職でベースアップ(以下ベア)があった際には「上がるのかぁ」とぼんやりと思う程度で、嬉しいとは直結していなかった。

声の中に「頑張っていない人もそうでない人も同等の賃金アップだっただめ」
「特に何もしていない社員も一律のベアだった」と寄せられている。
つまり上がらない理由は、
「貢献度に対するベアではなかった為、不公平感が高くなった」と私は感じました。

他の記事で同じく『エン転職』が調査した「仕事への満足度はこれで決まる」6427人に本音を聞いてみた」では、
※出典「 http://www.huffingtonpost.jp/enjapan/job_b_16905456.html 」

◆仕事に満足している理由に「仕事のおもしろさ」
◆仕事に満足していない理由に「給与」

「仕事のおもしろさ」を感じ、働いた結果が「給与」に繋がれば社員の満足度は上がるのではないか。
仕事をしていく中で必死に知識を得て、行動し結果を残す人とある程度で満足し、のんびりと働き結果はそこそこの人。
様々な考え方があるので、どちらがいいとは一概には言えないが、必死に働いている人は、そうでない人に対して

”なぜ同じように給料があがるのか?”と不満に思う部分があるのではないでしょうか?

この事から思うことは、もちろんベアも標準を上げる意味では凄く大切なことだとは感じるが、
「全社員に対して納得度の高い評価制度を作らないとベアに対して満足度が上がらない」
ということではないかと私は思いました!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 「2017年9月1日時点 内定状況」就職プロセス調査(2018年卒)前…

  2. なぜ「デフレ脱却」できないのに雇用が改善したのか

  3. 『「制度」ではなく「社内文化」をつくる!働き方改革』

  4. “社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界

  5. 書類選考一切なし、面接、一切なし!!斬新な採用方法が成功した理由とは?…

  6. 子育てママの戦力化に傾注する会社はどこ?