優秀な人材の見極め方や育成の仕方とは?

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー田中です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
『三井物産「革新力の源泉は人材」世界経営者会議』
※出典「https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23181480X01C17A1000000/」より引用

こちらの日本経済新聞は、三井物産の安永竜夫社長が世界経営者会議にて「多種多様なプロ人材が自由闊達に挑戦と創造に取り組むことで新たなビジネスモデルを生み出す」と指摘したことを、もう少し詳しく掘り下げたものでした。

◆理想の人材とは◆
IT企業ではないではない三井物産の理想の人材は【自ら考え行動できる人材】との事でした。
また、求人情報サイトDODAの「採用担当者の本音-中途採用の実態調査(複数回答可)」では
・1位「積極性」74% ・2位「柔軟性」60%
という結果になっていました。
引用:https://doda.jp/guide/saiyo/003.html
どちらも「自ら考え行動する」が必要になってくるだろうという回答ですね!
自ら考え、積極的に行動する。自ら考え、柔軟に対応する。
しかし、私はここで少し疑問を感じました。

◆優秀な人材を筆記テストで見分けられるの?◆
基本的に学校でテストがあれば筆記になります。
しかし私の認識では、筆記テストは知識を試すものであって「自ら考え行動する」という力を判断できるものではないと思っています。
「自ら考え行動する力」は数値で表すのは非常に困難であると私は考えます。
なので一時期ニュースになっていた「いい大学を出ていても仕事ができない若者」につながるのではないでしょうか?
筆記テストという入学試験だけであると知識のある人間は入学できますが、その人が必ずしも応用力があるとは限らないと思います。

◆そんな人材をどうやって育てるの?◆
・言われたことしかできない
・分からないことを調べる前に聞いてくる
・いちいち確認しないと行動に移せない
上記は部下を持つ多くの方が悩んでいる問題だと思います。
そこでこんな記事を見つけてきました!
自ら考え行動する「自巻き型人材」の育て方 https://achievement.co.jp/sns/archives/513
こちらの記事では部下が目標達成に向けて内発的に行動するようになる、注意する点でのポイントが書かれています。
威圧的に一方的な事実を突きつけたり問い詰めるように追い詰めたりするのではなく、協力的な姿勢で質問し、気づかせることが大切だと改めて感じさせられますね!
威圧的に接してしまうと逆にやる気をそいでしまったり、信頼性を失いかねない状況になる可能性があるので注意した方がいいかもしれません♪

今回は求人という題から大きくそれてしまったように思いますが、人材の見極め・育てを行おうと思えばやはり応募母数を増やす必要があります。
その後、以前の記事(http://www.rs-lab.jp/20171113/)でも書かせていただきましたが、面接では履歴書を見るだけで終わらないように、できるだけ多く対話ができればいいかと思います!
また、人材育成では感情的にならず、優しく質問を心掛けるようにできるといいかもしれませんね☆

以上、田中でした!
最後まで読んでいただいてありがとうございました!!
次回は芝が担当します!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 「世界一の人材ミスマッチ国」は日本だった!転職したい人と、企業が全然出…

  2. 「入社三年以内に会社を辞める人」の四大特徴

  3. 『社員の遅刻が増えたらどうする?退職予備軍を見つけるには』

  4. グーグル社員が「労働時間」を問われない理由―「時間管理はおろかな考え方…

  5. 子育てママの戦力化に傾注する会社はどこ?

  6. 書類選考一切なし、面接、一切なし!!斬新な採用方法が成功した理由とは?…