“社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー初田です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
“社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界
※出典「http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/21/news006.html」より引用

この記事では『応募者と企業を「社風」でマッチングさせるサービス』について取り上げられていました。

「社風が自分に合わなかった。」、「上司や同期と合わない。」
そんな理由から仕事を辞めてしまう人は多くいるのではないでしょうか。
実際に厚生労働省が実施した調査でも新卒社員の31.9%が3年以内で退職したという結果が出ているそうです。
この数字の全員が「ミスマッチ」で仕事を辞めたというわけではないので、一概に「ミスマッチ」が多いということは言えないかもしれません。しかし実際に私の周りにも大企業に就職して1年経たないうちに辞めてしまった知人も多くいました。
前回のブログでも取り上げさせていただきましたが、日本は世界と比べても「ミスマッチ」が多い国であると言われています。
採用の時に起こる「ミスマッチ」はコストをかけて人を採った企業にはもちろん、就職したその人自身の人生にも大きなダメージを与えてしまいます。
そんな「ミスマッチ」を減らすために生まれたのが「ミツカリ」というサービスです。
このサービスを一言でいうと、AIが応募者の「タイプ」を分析し、どの部署・部門と相性が良いのかを提示してくれるサービスです。

特徴を簡単に説明すると
➀AIが応募者の価値観やタイプを分析(適性検査は10分程度)
②応募者と企業を「社風」でマッチングさせる
③既に700社が導入している

最近の応募者は仕事内容や給与、福利厚生はもちろんですが、「誰と働くか」や「どんな社風なのか」などの動機から仕事を選ぶ人も増えています。
そんな声にこたえるため生まれた「人」と「社風」で応募者と企業をマッチングさせるサービス「ミツカリ」。
人手不足が続き、今後ますます人が採りにくくなってくることが予測されます。
少しでもミスマッチを減らして、楽しい仕事をして生き生きと過ごせる人が増えてくる日が、そう遠くない未来にやってくるかもしれませんね。

以上が「“社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界」についての感想や気づきになります。
拙い文章ではありましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
今後、皆様により有意義な情報をお届けできるように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 会社員の「副業願望」を軽く見てはいけない

  2. 正社員のリアル副業動機は「収入」 —— 年間10万円以上稼ぐ人は3割

  3. 「世界一の人材ミスマッチ国」は日本だった!転職したい人と、企業が全然出…

  4. 『従業員がストレスで休職や離職してしまう・・。予防としてストレスチェッ…

  5. グーグル社員が「労働時間」を問われない理由―「時間管理はおろかな考え方…

  6. 「今の新卒は…」とのボヤキはなぜ多いのか