年末ストレスで社内の雰囲気が最悪に!?解決策とは??

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー西村です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
『「年末進行ストレス」を軽視してはいけない』
※出典「http://toyokeizai.net/articles/-/200866」より引用

☆始めに・・・
残業・決算業務・長い行列・ひっきりなしの来客……。1年で一番忙しいホリデーシーズンが今年もやってきました。多くの業務で頭を抱え込んでいる方が多いのではと思います。1年で最も忙しい時期でもあり、あわせて最もストレスが生まれやすい時期になっています。ストレスが溜まって、ギスギスした社内……。こんな雰囲気ではなかなか業務に集中できません!!
今すぐ、この最悪な状況から脱却しないといけません!!ということで、今回は繁忙期のストレス解決策について話していきましょう☆

◇◆一時的な気晴らしでは意味がない!?◆◇
多くの会社では社内パーティーや職場でのプレゼント交換などを企画し、ホリデー気分を盛り上げることで、この時期のストレスをどうにか乗り越えようとしています。しかし、この対策は一時的な気晴らしにしかなりません!!もちろん、意義のあることではありますが、社員を守る対策にはなっていません。企業のリーダーはこれにしっかりと向き合う必要があります。この時期のストレスにどう対処すべきか、年末で忙しい時期に結束するにはどうしたらよいのか、いくつか紹介していきたいと思います。

◇◆ストレスについてオープンであること◆◇
ストレスの対策として一番効果的なのが、ストレスを口から発することです。つまり、躊躇なくストレスを口にできるようにすることです。グループディスカッションやマネージャーとの1対1での状況確認をする必要があります。まだこのような定例会を開いていないのなら絶好の時期です。しかし、忘れてはいけないのは、ストレスは相対的なものであるということです。同じチームで同じくらい疲れ果てていたとしても理由はそれぞれ違いますよね??
一人はノルマ30%しか達成しておらず、もう一人は社長賞獲得を目指して頑張っているのかもしれません。いずれの社員に対してもはけ口ができる場を与え、解消法についてアドバイスすることが大切です。

◇◆デスク(PC)から離れること◆◇
とある会社では、業務目標の他に、健康に関する目標を立てさせているようです。例えば、自転車で通勤するとか、ヨガを習うとか、週に1度はウォーキングするとか、なんでも良いのです。アクティブな体が健全な精神を作るということが、研究で分かっています。
年末進行期間中は確かにいつもよりも時間を見つけるのが難しくなっています。しかし、この時期だからこそ、体を動かすことが大切なのです。例えば、会議室を他のところで借りてとにかく歩いたり、ハッピーアワーなどを行っても良いと思います。

今回は、年末進行のストレス解消法について説明させていただきました!!
年末でとても忙しいと思いますが、社員のストレスケアにしっかりと向き合っていく必要があります!!多くのストレスをより少なくし、良い年を迎えましょう!!☆

以上、記事を読んでの西村の気づきでした!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 中途社員の離職率が50%→0%に!中途社員の即戦力化・定着させるには?…

  2. ゆとり世代はなぜ転職を繰り返すのか?

  3. 転職活動中の女性に聞く「転職理由」とは?子どもがいる女性は「年収アップ…

  4. 『働けない理由は何ですか?採用のアプローチ手段を考える』

  5. 「世界一の人材ミスマッチ国」は日本だった!転職したい人と、企業が全然出…

  6. 『一般職を希望する学生が増えている?イメージとのギャップをどう埋めるか…