中途採用で月間応募50件⇒400件に!採用市場で自社を輝かせる15のポイント

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

中途採用で月間応募50件⇒400件に!採用市場で自社を輝かせる15のポイント
※出典「https://hcm-jinjer.com/media/contents/b-contents-6748/」より引用

今回は株式会社Potentialight 代表取締役の山根さんが実践している「採用における企業ブランディングの秘訣」が書かれた記事を選びました。

採用における自社のブランディングの重要性は分かっていてもどのようにしたら良いのか、そもそも自社の特徴はどこにあるのかを考えるのは労力を費やすところでもあると思います。

私はこの記事を読んで自社のブランディングにおいても「3C分析」が有効であると感じました。ブランディングを行う際に、Customer:顧客(求職者)がなにを求めているのか、Competitor:競合(他社)はどんな魅力をどのように伝えているのか、Company:自社の強みはどこにあるのかをしっかり把握していくことで、有効なブランディングにつながるのではないでしょうか。

では、記事の内容に入りたいと思います!
この記事ではどの企業でも切り口によって魅力を引き出すことは可能で、市場ニーズと自社ポテンシャルを見極めることが大事であると書かれていました。

他社との「違い」は何なのかを考えること、他社との「違い」を打ち出しづらい業態の場合は、どうやって求職者に自社のことを「魅力的」に伝えていくのかを考える必要があるそうです。

そこで、今回の記事では自社のブランディングの方法を大きく15の項目に分類して紹介しています。
この15項目を大きく分けると、「人」「事業」「ビジネスモデル」「福利厚生・社風」「ストーリーを作成」となるそうです。

一部抜粋して見ていきたいと思います!

【人】に特徴がある場合:設立背景や社員の特徴などがここに当てはまります。
例えば設立背景では「社長が感じた問題点」から会社のサービスの立ち上げ背景を伝えることが有効だそうです。社長の想いに共感して「この会社に入社したい!」と思ってもらえたら良いですよね。記事には書かれていませんでしたが、社員のブログや写真などを通して会社のことや社員のことを知ってもらうのも良いのではないでしょうか。

【事業】に特徴がある場合:事業の特徴や事業の多面性など。
今後自分が「どんな仕事をするのか」はもちろん大切です。事業内容で他社にない強みがある企業は求職者にも魅力的に移ると思うので事業に特徴がある場合は有効なブランディングが出来るのではないでしょうか。

【ビジネスモデル】に特徴がある場合:ビジネスモデル・事業方針など。
どんなビジネスを展開していく予定なのか、どのような方針なのか、会社の方向性を上手く伝えることで、その情報は今後入社する人のキャリアビジョンを思い描くヒントになるかもしれません。「こんな事業をしていく会社でこんな風に貢献したい!」と思うとそこで働くモチベーションにつながりますよね。

【福利厚生・社風】に特徴がある場合:福利厚生・社風
ここでは単に福利厚生や社風を記載するだけではなく「なぜその福利厚生をつくったのか」という「背景」を赤裸々に話すことが有効だと書かれていました。
確かに「〇〇の制度があります!」ではなく、「〇〇の社員が多いので△△という制度ができました!」と書かれていた方が印象に残る気がします。

【ストーリー】に特徴がある場合:過去の失敗を改善して躍進した例など
「現状⇒問題⇒解決⇒そして今」という「ストーリー」をつくっていき、あえて会社の「問題」や「事件」などを話すことによって相手を引き込ませることができると書かれていました。良いところばかりを伝ええるのではなく、困難を乗り越えてきた経験なども書かれている方がより、信頼や共感ができるかもしれないですね。

このように様々なブランディングの方法がありますが、「自社の何が刺さるのか」を見つけて、その背景を深掘りしていくことが大切だそうです。

また、その際に競合他社が何をしているのかを確認することも非常に大切です。他社と比べて自社の特徴が劣っている場合もあるからです。また逆に他社にはない魅力が自社に見つかる場合もあります。
ブランディングに悩んだら他社がどんな特徴をどのように伝えているのかを見てみると、ヒントが隠れているかもしれませんね!

以上が「中途採用で月間応募50件⇒400件に!採用市場で自社を輝かせる15のポイント」
についての感想や気づきになります。

拙い文章ではありましたが、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
今後、皆様により有意義な情報をお届けできるように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:http://urx3.nu/HLXe

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 「出世に興味ない」若者部下をやる気にさせる手はあるか

  2. 『2018年から変わる障害者雇用率!企業として出来ること』

  3. 「ディズニー流」人材育成法、どんな職場でも3日あれば変わる!

  4. なぜ「デフレ脱却」できないのに雇用が改善したのか

  5. 正社員のリアル副業動機は「収入」 —— 年間10万円以上稼ぐ人は3割

  6. 転職活動中の女性に聞く「転職理由」とは?子どもがいる女性は「年収アップ…