様々なアプローチを通し認知度向上【成功事例】

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナーです。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。
他社の成功事例から課題はどこにあって、どんなことをして実際どのような効果が出たのかなど少しでも皆様の参考になる情報をお届けできるよう努めて参りますので宜しくお願い致します!

今回は下記の記事を参考にまとめました!

『「応募数が5倍に」スタートアップであるBizcastが採用認知度を上げるためにした5つの施策』

「応募数が5倍に」スタートアップであるBizcastが採用認知度を上げるためにした5つの施策

———————————————————————-
YouTuberと企業のマッチングプラットフォーム
「BitStar」やインフルエンサープロダクション「E-DGE」を運営する、株式会社Bizcastの成功事例です。
単月の応募者数が100人から500人の5倍になったそうです。

その秘訣に迫ります!
採用の際の参考になると思ったところを取り上げて紹介します!

■採用の際の工夫
1.Wantedlyの活用
2.採用体制の構築
3.エージェントとの協力体制の構築
4.リファラル採用の継続実施
5.ダイレクトリクルーティングへの挑戦

具体的に真似が出来そうなところでいうと
1.Wantedlyの活用
求人案内を毎日出すようにした
その結果、2週間に1度のペースの時と比較して応募数を2倍に増やすことに成功

2.採用体制の構築
「スピードが落ちないようにすること」
面接の際に次の面接日もその場で日程調節する

3.エージェントとの協力体制の構築
エージェントの中でも特に成果が出ている会社に関しては、個別にこちらから出向いたり、
個別説明会を実施したりと、より協力体制、信頼関係を築くために動いていく

4.リファラル採用の継続実施
一度声をかけてダメだったからといっても諦めない姿勢が重要で、
「3年間、3ヶ月に一度声をかけていたら口説けない人はいない」という気持ちを持つ

5.ダイレクトリクルーティングへの挑戦
地道ではありますが、新しい採用チャネルを増やすことで、
今まで出会えなかった層の求職者と出会えるかもしれない

大企業じゃなくてもやり方を工夫することで
採用を成功させることが出来ます。
この会社も実際に「応募数が5倍に」なっています。

採用戦略研究所ではindeedの一次代理店としてノウハウを蓄積しておりますが
他社の成功事例や面白いブランディング方法など沢山データを集めています。

「他社はどんなことをしているのだろう。」
「媒体以外に面白い採用はないか。」

そんな疑問をお持ちの方は是非採用戦略研究所まで!!

お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/ ;

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みはこちらから:http://urx.mobi/I5YQ

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 『大切なのは「ユーザー目線」。自社の魅力を伝えることで採用成功率を上げ…

  2. 【採用ターゲットのモデルが社内にいるなら原稿上で語っていただくのも一つ…

  3. 『内定辞退を面接で防ぐ!求職者が望む面接とは?』

  4. 【展示会で「人が集まるブース」にするための3つのポイントを展示会のプロ…

  5. 珍しい業態の飲食店の店長・幹部候補募集【ハイスペック層10名採用に成功…

  6. 採用費削減&応募率・定着率upの秘訣「飲食店のアルバイト採用成功事例」…