indeedの課金の仕組み

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナーの田中です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。
他社の成功事例から課題はどこにあって、どんなことをして実際どのような効果が出たのかなど少しでも皆様の参考になる情報をお届けできるよう努めて参りますので宜しくお願い致します!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日はindeedについての記事になります!
―私は9月に媒体(バイトルとかタウンワークとか)の原稿を作成する事務として採用戦略研究所に入社しましたが、
色々あったようで2月からindeedの運用担当へと移動になりました!
Indeedの運用を始めて約1か月、両方の知識を生かして少しブログを書いてみようかと思います!

前回は専門用語と、indeedと媒体の違い、有料枠と無料枠の違いについて書かせていただきました↓
http://www.rs-lab.jp/201802027/

前回に引き続き、今回もindeedについて書かせていただきます♪
~目次~
1.Indeedの課金の仕組み
2.indeedと媒体の料金の違い

◇◆indeedの課金の仕組み◆◇

前回のブログで「indeedはクリック課金という方式ですよー」というお話をさせていただきました。
この「クリック課金」というものを、もう少し詳しく書かせていただきます♪
前回でもお話しさせていただいた通り、
indeedは先にお金をチャージしておいて、クリックされるたびにお金を消費していくという形で、
そのクリック単価の上限は自分たちで調整できます!
※「クリック単価」
  …1回クリックされた時にかかる費用
また、indeedの面白いところは、「オークションのような方式」で掲載順位や費用が決まっている点です!
文章で説明するのが難しいので少し画像を挿入します↓↓

私の落書きのような絵で見づらくて申し訳ありません…←
絵だけでは心配なので解説すると、
例えば3企業がindeedの「飲食」という検索ワードに引っかかる原稿を作成したとします。
A社は1クリックに300円、
B社は1クリックに200円、
C社は1クリックに100円まで払うと設定しました。
この3原稿のクリック単価の平均は200円になりますね!
すると、B社よりも100円高い金額で設定していますが、実際に支払うのは201円でOKになります♪
また、「飲食」で検索した際に一番上に表示されるのはA社、その次はB社、最後にC社となります。

もちろん、「原稿の新鮮さ」「情報量」などでも表示順位は変更されますが、基本的には上記で表示されます!
また、今さらですが、「いやいや、有料枠ってどこに表示されてんねん!」という方も多いはず…
(書くのをすっかり忘れてました…←)
試しに一度indeedで何か検索してみてください!
その検索結果一覧で、下に灰色の文字で「スポンサー:」という文字が書かれているものが有料で掲載されている原稿です!
基本的にページの一番上約4原稿と、一番下約2原稿程度が有料枠になります♪

◇◆indeedと媒体の料金の違い◆◇

では、indeedの課金方法が分かったところで、
Indeedと媒体の金額の違い少しお話ししようかと思います。
~媒体で掲載した場合~
私が担当した媒体は8種類ほどありましたが、平均的に一週間で5~6万円程度を見ておけばいいかと思います!
あとは職種や原稿内容によりますが、大体2応募程度かなと思います。
飲食店のアルバイトだと2~6応募とかそのぐらいです←
※あくまで今までの私の感覚です←
そうすると応募単価は2万5千円~3万円ぐらいになって、採用単価は6万円ほどの計算になります。
正社員になるともう少し高く見積もってもいいと思いますよ!
※応募単価=かかった費用÷応募数
※採用単価=かかった費用÷採用人数
~indeedで掲載した場合~
こちらも同じく内容や職種によって大幅に変わってきますが、
12万円をチャージして1か月で使い切ると10応募ぐらい来るかなと思います!
単純計算で応募単価は1万2千円程度になりますね♪
個人的には、indeedを使うともう少し応募単価を下げれると思いますが、これでも媒体より安くなっています☆

媒体は「すぐに人がほしい時」、indeedは「長期にわたって募集したい時」
という風に使い分けるのもいいかもしれませんね!

ちなみに正社員を一人雇うのに一般的には60万円とかがかかると言われているそうです。
Indeedの説明をしていると、「60万円って盛りすぎだろぉ」と思ってしまいますね(笑)

前回予告していた「最近の応募の傾向」は、私の体力的に次回に回したいと思います←
勝手で本当に申し訳ありません。。。
次回(3月9日(金))は以下の事をお話しできればなぁと思っています!
・indeed運用のお仕事とは一体…??
・最近の応募の傾向~応募が多いのはどんな原稿?~
などなど…

以上、田中でした!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日は芝のブログです☆彡

お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/ 

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

【採用成功×働き方改革】
3月22日(木)13時半~17時 新大阪

■お申込みはこちら:http://ur0.work/Irp2

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 守れていますか?~アルバイトの労務管理~

  2. 『内定辞退を面接で防ぐ!求職者が望む面接とは?』

  3. 期待の新人を辞めさせない、たった1つのコツ

  4. 外食業界の採用トレンドはリファラル採用に

  5. これさえ満たせば上手くいく!「リファラル採用成功3つの条件」とは?

  6. 新入社員の7割以上が仕事よりプライベート優先。実力主義の職場で働きたい…