新たに採用計画を立案します。

採用計画当初から弊社にご相談頂くことで、無理・無駄がない計画をプラニング致します。

可能であれば、採用計画当初からご相談ください。

2017年4月時点でお取引企業実績として200社を超えました。
そのほとんどの場合、「用意する予算内で、一番応募が出るように考えてほしい」というご要望を頂いております。
もちろんその場合でも最良の選択肢を考えさせて頂き、貴社のパートナーとしてお手伝いをさせて頂いておりますが、採用計画当初からご相談頂けることで「しっかりとした事前準備」、「無理のない計画」、「長期的な計画」などより精度の高いプランニングが可能です。

採用計画のポイント

採用計画の立案について、下記のポイントを抑えて頂くことが大切になります。

  • 採用の目的

    「なぜ採用を行うのか」を明確にする必要があります。経営計画や出店計画などの骨格を作る必要があります。

  • 採用人数

    経営計画や出店計画などから、離職率や退職予定数も加味しながら最終的な採用目標人数を算出する必要があります。

  • 採用のスケジュール

    募集、応募、採用、育成期間というプロセスを加味した上で、逆算してスケジュールを決める必要があります。

  • 求める人材

    求める人材の仮定を立てて、その人物像はどういった採用活動をとるか、趣味、思考、仕事についての考え方などを想定することで採用手法に活かすことが可能です。

  • 採用手法

    求める人材を明確にすると、どのようなブランディングでどのような手法を取るのが最良かが明確になります。

  • 採用にかかる予算

    その他のすべての要素が決まると必要な予算の予測が可能になります。