副業を推進で人材を吸収!?

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー田中です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
会社員の「副業願望」を軽く見てはいけない
※出典「http://toyokeizai.net/articles/-/198650」より引用

この記事では、副業を容認する新たな時代の流れと、そこに対する期待などが書かれています。

◇◆なぜ副業を禁止しているのか◆◇
正直私自身あまり深く「副業が禁止な理由」を考えたことがありませんでした。
「どこの会社も副業禁止だし、そんなもんなのか」程度にしか認識していませんでした。
そこで、こんな記事を見つけました!
人事部が怯える「副業容認で転職リスク増大」の嘘: http://toyokeizai.net/articles/-/198650
ここでは中小企業を対象としたリクルートキャリアの調査結果が掲載されています。
中小企業が副業を禁止している理由は以下となっているようです!

~ 過重労働の助長 55.7% 
~情報漏洩リスク 24.4%
~労働時間管理・把握が困難 19.3%
~労働災害時の本業との区別が困難 14.8%
~人材流出 13.9%
~業績不振とみられる風評リスク 4.9%

私は単純に「お金足りなくて自分で好きで働いてるからいいんじゃないの?」という安易な認識しかありませんでしたが、なるほど、このリスクは考えたことが無かったという感じです(笑)

◇◆副業賛成の意見は?◆◇
反対派の意見を見ていると「副業って企業からしたらリスクめっちゃあるじゃん」と思いますが、
近年は副業を認める企業も増えてきています。
そんな企業はどうして副業を認めたのでしょうか?
同じくリクルートキャリアの調査結果では以下のようになっていました!

~社員の収入増 26.7%
~本人のスキル向上 5.0%
~定着率の向上 3.8%
~多様な人材の活躍 3.4%
~社外の人脈形成 2.3%
~リーダーシップ形成 1.1%

反対派の意見は会社全体を見た時の意見が多いのに対して賛成派の意見は人材に支店を置いた回答が多いような感じを受けますね!

【「副業で人材が流出する」は嘘?】
ここにきて初めに引用した記事に戻ってきました(笑)
反対派・賛成派の意見を紹介させていただきましたが、ここで驚いたのは
反対派「人材流出のリスクが上がる」
賛成派「頻脈形成が可能」
と、正反対の意見が上がっていることです。

確かに副業が本業になって辞めてしまうケースは多いイメージがありますね!
しかし私は正直「副業が本業になって辞めたが、その人は副業をしていなくても辞めたのではないか?」と思います←
確かに楽しい仕事を見つけてしまうキッカケになるかもしれませんが、それには「今の仕事より」副業の方がいいと思わせてしまったことに原因があるのではないでしょうか?
賛成派の意見は、副業よりも「本業の方がいい」と思える会社作りに成功しているのかもしれませんね!
自社が他社に勝てるのであれば、社員が副業先でいい人を見つけて引き込んでくれる可能性が出てきます。
最近流行りのリファラル採用ですね♪

逆手にとって逆に人材を吸い取るチャンスという考え方も面白いなと私自身感心しました(笑)

以上、田中でした!
最後まで読んでいただいてありがとうございました!!
次回は芝が担当します!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 期待の新人を辞めさせない、たった1つのコツ

  2. ◆2018年7月の転職求人倍率は2.25倍◆DODAさん発表『転職求人…

  3. グーグル社員が「労働時間」を問われない理由―「時間管理はおろかな考え方…

  4. 「ディズニー流」人材育成法、どんな職場でも3日あれば変わる!

  5. 中小企業向け「中途採用の悩みを解決するポイント」とは?

  6. 斬新な採用手法のご紹介!