『「嫁ブロック」の壁は厚い?崩す為の求人広告とは』

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー芝です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

『嫁ブロック実態調査44%の方が、嫁ブロックを理由に内定を辞退!』
※出典「https://www.atpress.ne.jp/releases/100616/att_100616_1.pdf」より引用

<1>【 ある年齢層の内定辞退が多い理由とは? 】
「また、内定辞退の連絡が来たんだよ・・。」
溜息をつき肩を落とす理由は、この人にぜひうちの会社で活躍して欲しい!と熱心に面接で口説いた35歳の既婚者の男性から内定辞退の申し出があったからだ。

なぜ、内定辞退されてしまうのでしょうか。
「うちの企業は所帯持ちには魅力に映らないのかな?」
「内定を出すまでは、あんなに熱心だったのに、どうしたのだろうか」
理由の一つとして”嫁ブロック”があります。

<2>【 嫁ブロックとは 】
「嫁ブロック」とは、既婚男性が妻に転生や独立を反対・阻止(ブロック)されることをいいます。
まずは、実際に嫁ブロックは行われているのか見てみましょう。
エン・ジャパン株式会社が、展開するミドルの転職で行った『嫁ブロック実態調査』によると、以下のことが分かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
│ ①4人に1人が「嫁ブロック」を経験している       │
│ ②「嫁ブロック」を理由に内定辞退をしたことがある44% │
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

35歳以上の男性に、「嫁ブロックをされたことはありますか?」という項目に24%の方があると回答。つまり4人に1人が「嫁ブロック」を経験していることがわかりました。また、理由としてもっとも多かったのが「年収が下がる(42%)」となっています。
そして、嫁ブロックを理由に内定辞退を実際にしたことがある方は44%。その理由として、「働くには家族の協力が必要なので、迷惑はかけられないと思った」などが挙げられました。実際に辞退したことをどう思っているかについては「辞退してよかったと思う」方が半数以上の63%。配偶者を信じたことで良い結果に繋がっている方の方が多いようです。

調査結果より、配偶者の意見を参考にしている既婚求職者にはどう嫁ブロックをクリアできるかが鍵になっていることがわかった!

<3> 【 嫁ブロックが発生する理由とは 】
アンケートの結果では、嫁ブロックの理由としてもっとも多かったのは「年収が下がる」(42%)でした。年代別でみると、30代は年収に加え「有給休暇の取得率が低い」(57%)、「年間休??数が少ない」(29%)、「残業が多そうだから」(29%)といった労働時間に関する理由が多いようです。

また、嫁ブロックを理由に辞退したことをどう思うかについては、「辞退してよかったと思う」が63%になっている。家族の声を受け止め、最終的には辞退したが冷静に考えてみれば辞退してよかったと思っている人が多いということですね。

(コメントの一部)
・家庭内での協?が得られない状態であれば、仕事のパフォーマンスが落ちると考えたため。(37歳)
・今までと生活リズムが変わることで、同居の家族に迷惑がかかるので、なるべく仕事のリズムが不安定なところはやめてほしいと?われた。(41歳)

<4> 【 ブロックされる求人と対策 】
実際、ブロックされる求人内容とは?

嫁ブロックの原因として大きいポイントがあります!アンケート結果から、「年収が下がる」ということに敏感なようです。
もちろん、育児やローンなど様々な要因があり簡単には収入を減らすわけにはいかないでしょう。
つまり、年収の欄がチェックされるということですよね。
転職時に給料が下がるのは頭で理解していても、

【 給与 】月給:25万円~

文面でみるとやっぱり低くないかな?と思ってしまいますよね。
単に総額のみの記入だと、年収を低く見積もりブロックの可能性がぐーーん!と上がること間違いないでしょう。

しかし、残業代や臨時ボーナスなど確定でない理想の給料ではなく、現実的な数字を示すことで対策は可能ではないでしょうか?

例えば、各種手当(通勤手当・住宅手当・家族手当etc)の金額もできるだけ細かく記載するとこと。年収モデルを紹介するのも、イメージしやすい材料となるでしょう。

【 給与 】月給:25万円~
      ●通勤手当:最大2万5千円 ●住宅手当:2万円(社内規定有り) ●家族手当:1万円

<5> 【 嫁ブロックへの転職時対策 】
もちろん、求人の書き方以外にも企業側はできることは多くあります。

実際の、嫁ブロックを乗り超えて転職した方の例があります。
(出典:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/12

■転職に成功したケース■
嫁ブロックの原因「給与」
現職よりも、月給が下がることが問題だでした。
一見、月額基本給が下がっても年収は上がるからと伝えていたそうですが、住宅購入や出産を検討していたこともあり、確実に約束されている月の給与が下がってしまうのが気になるということでした。
そこで、企業に協力してもらい、残業代、福利厚生、退職金、配属先の期待値の高さなど条件を書面にしてもらい丁寧に説明したところ、最終的には納得してもらえたため、無事に転職成功となりました。

上記の例を取ってみても、嫁ブロックを乗り超えるのは求職者自身に任せるのではなくて、企業側も乗り超えるための手助けが必要なのです。

最近では、新卒向けに「親確認サイト」やパンフレット・説明会をする企業も多い。
家族をもつ転職者にとっては、新卒者と同じように、もしくはそれ以上に家族に向けて自社のことを積極的に発信していく必要があります。

つまり、その為に企業が出来ることの一つとして、求人原稿を一工夫することだと思います。

以上、記事を読んでの芝の気付きになります。

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:http://urx3.nu/HLXe

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 『「制度」ではなく「社内文化」をつくる!働き方改革』

  2. 【採用ターゲットのモデルが社内にいるなら原稿上で語っていただくのも一つ…

  3. 自社採用サイトを充実させることによって、応募が想定の3倍以上に

  4. なぜ「デフレ脱却」できないのに雇用が改善したのか

  5. 珍しい業態の飲食店の店長・幹部候補募集【ハイスペック層10名採用に成功…

  6. 『社員の遅刻が増えたらどうする?退職予備軍を見つけるには』