『40・50第主婦層で最も人気が高い働き方とは?』

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナーの西村です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。
他社の成功事例から課題はどこにあって、どんなことをして実際どのような効果が出たのかなど少しでも皆様の参考になる情報をお届けできるよう努めて参りますので宜しくお願い致します!

今回は下記の記事を参考にまとめました!

さて、本日も気になるニュース・トピックスはこちらです!

『40・50第主婦層で最も人気が高い働き方とは?』

———————————————————————-

☆始めに・・・

2018年1月の配偶者控除の年収上限が従来の103万から150万にひきあげられました。この変化は主婦の働き方にどのような影響をもたらしているのでしょうか。働き方の多様化により、どのような働き方が主婦たちに理想なのかを今回話していきましょう!!

◇◆主婦の働き方の満足度は?◆◇

2018年ソフトブレーン・フィールドが発表した「現在、希望通りの働き方ができていますか?」のアンケート結果は、
「希望通り」と回答した方が全体の7割いました。全体的に希望通りの働き方ができていると感じている層が
高止まりしていることがわかりました。

次に、希望通りの働き方ができている状態を100点とした場合の、現在の状態は何点なのかという質問の回答を見ると、
「希望通りの働き方ができていると回答した主婦」の平均点数は78点で、
「希望通りの働き方ができないと回答した主婦」の平均は47点でした。
この31点の差は何なのでしょうか?

◇◆希望通りの働き方ができない理由◆◇

2018年ソフトブレーン・フィールドの調べで、希望通りの働き方ができていない理由は
「希望する職種位についていないから」が24.8%、次に「家事が忙しいから」23%、「育児が忙しいから」が22.4%と、
この3つが高い回答数を集めました。この結果を見ると、働く主婦が仕事を選ぶ際はスキルや条件を除くと、
希望する職種よりも家事や育児などを優先し、勤務可能な職種を選んでいることがわかります。
また、家事や育児の心配などの制約がなければ、フルタイムで働きたいと感じている方は64.9%と
働く意欲はかなり高いのも合わせてわかりました。

今働いている主婦の多くは、家事や子育てなどに時間を取られていて今この瞬間に自分が大切にしたいことは何かを強く考えていて、価値観や選択その結果責任をもって取り組んでいることがわかりました。
多様なワークライフバランスに柔軟に対応できる制度を用意すると、安定した定着にも貢献できると感じました。

以上、記事を読んでの西村の気づきでした!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/ 

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

【必勝!!成功事例から学ぶ採用の悩み解消セミナー】
2月28日(水)15時半から17時半 新大阪

■お申込みはこちら:http://ur2.link/ICQf

【採用成功×働き方改革】
3月22日(木)13時半~17時 新大阪

■お申込みはこちら:http://ur0.work/Irp2

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 改正職業安定法が施行された今、求人広告掲載前にチェックすべき3つのポイ…

  2. 『スマホ対応している採用ページは必要?』

  3. 『共働き社会に伴う主婦層の採用とは?』

  4. 不人気業界の職種で採用に成功した理由とは?

  5. 『社員の遅刻が増えたらどうする?退職予備軍を見つけるには』

  6. エンジニア不足?Twitterでスカウトした企業に学ぶ採用方法