-----------------------------" /> -----------------------------" />

『内定辞退を面接で防ぐ!求職者が望む面接とは?』

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナーの芝です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。
他社の成功事例から課題はどこにあって、どんなことをして実際どのような効果が出たのかなど少しでも皆様の参考になる情報をお届けできるよう努めて参りますので宜しくお願い致します!

『内定辞退を面接で防ぐ!求職者が望む面接とは?』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ぜひここで働かせてください!!」
意気揚々と求職者はそう発言したのを覚えています。
私達からしても、転職動機や今までの経験をふまえてぜひうちの会社に来て欲しいと思う方でした。入社は2か月後。私達は求職者が入社するのを心待ちにしていました。
しかし、1カ月後「やはり、内定辞退させてください」そんな電話が掛かってきました——。

このような経験をされた採用担当者は多いのではないでしょうか?

なぜ内定を辞退されるのでしょうか。
とりあえず内定を持っておきたいという気持ちもあるでしょう。
しかし、他の企業に転職をしているならば、「辞退される理由」というものは少なからず存在するはずです。

それでは、転職活動者に聞く 転職中に企業に求めることはどのようなことでしょうか。
株式会社リクルートキャリアが転職情報サービス「リクナビNEXT」の登録者を対象にアンケート調査を行いました。
出典  href=”https://www.recruitcareer.co.jp/news/20180123.pdf”>https://www.recruitcareer.co.jp/news/20180123.pdf
—————————————————————————–
│【調査結果】                  │
│●企業に開示してほしい項目のトップは      │
│「配属される職場の具体的な仕事内容やミッション」│
│●面談・面接の際に要望したい項目のトップは    │
│「配属される職場長と直接会話ができる場の設定」 │
——————————————————————————

調査結果の詳細を見ていきましょう!

まず、「求人情報等、企業に開示してほしい情報(複数回答)」です。
① 配属される職場の具体的な仕事内容やミッション65.1%
② 勤務時間、休日休暇等の詳細な情報52.8%
③ 離職率 46.2%
そして、「面談・面接の際に要望したいこと(複数回答)」です。
① 配属される職場長と直接会話ができる場の設定 57.1%
② 配属される職場メンバーと直接会話ができる場の設定 44.2%
③ 面接時間の融通 36.8%

【調査結果解説】
求職者は、より“職場”の具体的な情報を求める傾向に
従来の転職活動は、主に“会社とのマッチングの【就社】”や、“職種とのマッチングの【就職】”といったものが強かった。しかし、企業内の業務細分化、特殊性・専門性の高度化により、同じ業種や職種でも、求められる成果や仕事の進め方が異なるといった変化が生まれている。加えて、個人の働き方に対する価値観の多様化を背景に、入社後のとまどいを避けるため、人事との対話だけでなく、“職場⻑との具体的なミッションの摺り合わせを求める【就職場】”の傾向が強くなっていると思われる。

このアンケートですがいかがだったでしょうか?
以前、『自社の魅力をどうアピールする?成功企業から学ぶ事例』という記事を書かせていただきました。記事の中には、「欲しい人材は現場担当者と口説く」など積極的に求職者に自社のアピールをして採用に成功している企業の事例が掲載されています!
(出典:href=”http://logmi.jp/147737″>http://logmi.jp/147737

つまり、求職者は転職先が求めるミッション(仕事内容)がマッチするかどうかを現場の声を通して感じたいという思いが強いということになります。それは、人事担当者だけではなくて実際に働く部署の上司からも話が聞きたいというのがポイントですね。

――――――――――――――――――――――――――――

どうでしょうか?
中途採用にはつきものの光景ですが、もし頻繁に、もしかしたら毎回起こるとしたら、それは自社の面接と求職者の求める情報に溝が生まれているのではないでしょうか。この情報のずれが、求職者の不安となり辞退に繋がる一つの要因だと考えます。

他にも、面接のコツはあります!

「頻繁に内定辞退が起こっている!」

「面接のコツって何なの?」

採用できない!内定辞退が多い!そんな、お困りの企業様に朗報です!
この度、採用戦略研究所では定期的にセミナーを開催します!!!
ご興味がある方は下記の情報をご覧ください。
ご参加お待ちしております^^

お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/ ;

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みはこちらから:http://urx.mobi/I5YQ

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 「世界一の人材ミスマッチ国」は日本だった!転職したい人と、企業が全然出…

  2. 『IT導入補助金制度』をご存知ですか?

  3. 書類選考一切なし、面接、一切なし!!斬新な採用方法が成功した理由とは?…

  4. 「人材を採れている企業は何をしているのか具体的に知りたい!」というリク…

  5. 中途採用を行うプロセス①

  6. 『毎年1万人採用!採用できない負のスパイラルに陥らない為に』