40代、50代の採用!今着目されている理由とは?

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナーの西村です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
『40代、50代の採用!今着目されている理由とは?』

URL:「https://mynavi-ms.jp/magazine/detail/000402.html」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆始めに・・・
ここ最近、労働人口の減少と採用難に伴い、40代、50代の「中高年者の採用」が注目されるようになりました。本屋さんなどでは、「中高年転職系」の本が多く出版されています。なので、今回はキャリアを積んだ中高年採用のメリットなどを話していきましょう!

◇◆多様なキャリアと経験を求める企業が増加している⁈◆◇
現在、キャリアと経験を積んだ中高年者の採用をする企業が増えてきています。その理由として、大きく二つあげられます。
一つ目は「多様な経験とキャリアを積んだ人材を求める」という、即戦力を求める動きです。森下仁丹株式会社が行った「第四新卒採用」などとても有名ですよね。しかし、これは「年齢・性別を問わない即戦力採用」の募集です。人材紹介会社などを利用して、キャリアを積んだ方を採用する企業も増えてきています。
つまり、これまでクローズな形で行われ亭ら「即戦力人材」の採用が徐々にオープンになってきている、ということがわかると思います。

◇◆人口動態的に確実視される、将来的な人材不足への懸念◆◇
2000年の労働人口が6566万人いました。しかし、これが2050年になると4438万人まで減ると予測されています。また、10年後には労働人口が1000万人減るといわれており、その時の高齢者比率は26.6%となり、世界で最も高い割合になっています。つまり、国民の3人に1人が65歳以上の高齢者となります。ここで問題視されるのが「労働力の減少」です。
このことから、若年労働力が少なくなることから新卒者の奪い合いが起き、結果として知名度の高い大手企業が新卒者を独占。つまり、若い人材を確保できないため、社内の年齢構成を平準化することができなくなり、子組織構成を見直さなければいけないという問題が発生します。
解決策として、自然と3つほど上げることができます。それが「女性の活躍昇進」、「外国人労働者の受け入れ」、そして「高齢者の雇用促進」です。女性の活躍昇進については残業を減らすなど取り組みで対応を進めている企業が増えてきています。外国人労働者を受け入れるなど現在進めている企業が多いですが、そんな中で導入しやすい「高齢者の雇用促進」に目が集まりますが、高齢者となるこちらもなかなか難しいため40代50代の人材に対する取り組みが検討されている、というのが現状です。

◇◆中高年採用のメリットとは?◆◇
それでは中高年者採用を早期から導入を検討するメリットとはいったいなんなのでしょうか?今後、中高年層を採用する企業は必ず出てきます。そうなればまた人材の奪い合いが発生し、良い人材を確保することが難しい状況が生まれます。しかし、早期対応をすることにより、パフォーマンスを向上させるための研修の内容、面接における見極めのポイント、離職に至った人材の傾向などを把握することができ、「どのような人材を採用すれば組織に貢献するか」というノウハウを蓄積することができます。
その他に人事制度が社内に浸透し、企業の文化になるまでには時間がかかります。いずれ中高年層の人材の奪い合いが来るとわかっているのであれば、事例を集めておくのが賢明です。人事制度な何度も挑戦して、失敗しての繰り返しです。そのためにも、徐々に中高年者の採用を始めていくことが、将来的に会社の未来につながるといえますので、ぜひ積極的に行動するといいですね!

以上、記事を読んでの西村の気づきでした!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/ 

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

【遅れをとらないための勝ち組セミナー】
■日程
3月29日(木)NLC新大阪8号館/11階/大会議室
3月30日(金)NLC新大阪セントラルビル/3階/大会議室
■時間
15:30~17:30
■参加費
特別無料

■お申込みはこちら:http://ur0.work/Irp2

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 転職で最も重視する項目1位は『給与』

  2. 【面白採用事例】エゴサーチ採用

  3. 裁量労働制の課題って?

  4. 要注意‼定着のために気をつけるべきこと‼‼~前編~

  5. 『求職者が転職活動中に企業に求める説明は「採用されてからのミッションや…

  6. 若手社員の転職理由「人間関係が合わない」「ワークライフバランスが悪い」…