indeedの仕組み【運用編】

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナーの田中です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。
他社の成功事例から課題はどこにあって、どんなことをして実際どのような効果が出たのかなど少しでも皆様の参考になる情報をお届けできるよう努めて参りますので宜しくお願い致します!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

indeedの仕組み【運用編】

本日はindeedについての記事になります!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
私は9月に媒体(バイトルとかタウンワークとか)の原稿を作成する事務として採用戦略研究所に入社しましたが、
色々あったようで2月からindeedの運用担当へと移動になりました!
Indeedの運用を始めて約1か月、両方の知識を生かして少しブログを書いてみようかと思います!

前々回は専門用語と、indeedと媒体の違い、有料枠と無料枠の違いについて
前回はindeedの課金の仕組み、indeedと媒体の料金の違いについて書かせていただきました!
前々回:https://www.rs-lab.jp/201802027/
前回:https://www.rs-lab.jp/20180305/

前回に引き続き、今回もindeedについて書かせていただきます♪
~目次~
1.Indeed運用ってなにをしてるの?
2.最近応募がきやすいと思う原稿は?

◇◆indeedの運用って何をしてるの?◆◇

「前回でIndeedの仕組みも分かったし、もう自分たちでできんじゃん!」
「逆にindeedの運用でお金取ってるのは何をしてるの?」
そんな方のためにしっかりと「運用の難しいところ」もお伝えしようと思います!
Indeedの課金の仕組みが分からない方は前回のブログをご確認ください☆
前回のブログでお話しさせていただいた通り、クリック単価を高く設定すれば
求職者に見てもらえる確率はグッと上がります!
お金があれば何でもできる状態ですね←(笑)

しかし、クリック単価を高く設定すると、その分しっかりとデメリットも発生します!
ではではまた画像で説明させて頂こうかと思います!

私の字が汚くて読めてない方も多いかと思いますので文章で補足します←
たとえばAさんは、ひと月に20万円を使って募集することになったので
200,000円÷30日=6,666.66…
この計算から「一日6500円まで使っていいような設定をしよう!」と決意し、日額上限を6500円に設定しました。
さらにAさんは求職者の目につきやすいようにクリック単価を高めの100円に設定しました。
しかし、思っていたよりもたくさんクリックされ、夜の20時時点で65回クリックされました。
65回×100円=6500円なので
Aさんは一日の予算を使い果たしてしまい、21時にindeedを確認した頃には既に原稿は表示されなくなっていましたとさ…。

結局Aさんの原稿は20時から表示されていなかったので、約19時間表示されなかったという
悲しい結果になってしまうという壮絶なお話し…これがindeedの怖いところです。
だからと言って日額上限を設定しなかったら、気づかないうちにめちゃくちゃクリックされて3日で10万円使っちゃた!とか
怖くてクリック単価を低く設定してたら全然見てもらえてなかった…なんてことも!
その難しい調整を日々行うのが運用の仕事なんですね!
がんばります☆

◇◆最近応募がきやすいと思う原稿は?◆◇

これは私が2月の運用を行ってたくさんの企業様のレポートを作成しているときに気づいたことになります!
Indeedの原稿はたいてい皆さんExcelなどを使用してパソコンで作成されます。
しかし、現代の求人検索ツールの約80%以上がスマホからになります。
なので、パソコンで見ると文字数も程よく綺麗に改行されていて見やすいのに
スマホで見ると文字がギチギチに詰まっていたり改行がめちゃくちゃで、かえって読みにくくなっていたりします。

「…え?スマホが多いとか当たり前じゃん」
そう思う方もきっと沢山いらっしゃると思いますが、実際に原稿を作成すると
パソコンで原稿を作って、そのデータをスマホに送って、
またパソコンで修正するというのはとてつもなく手間がかかることです。
特に人材派遣などで原稿が1000件を超えたりすると、そんなことやってられなくなりますよね。。。

しかしやっぱりスマホを意識して原稿を修正すると応募数が増加する企業様がありました!
この手間をかけるかかけないかで、応募数は大きく変わるのかもしれませんね!
是非皆さん、お金のかからない努力ですので挑戦してみてくださいね♪

その他の「募集の来る原稿の書き方」は過去にたくさん書かせて頂いてますので、
是非ホームページの「ブログ」から読んでみてくださいね☆
過去ブログ:https://www.rs-lab.jp/blog-list/
次回書く内容は未定です。
リクエストや質問があれば「Facebook」かホームページの「お問合せ」からご連絡ください☆
Facebook: @saiyousenryaku
お問合せ:https://www.rs-lab.jp/form/
リクエストが無ければ頑張って内容考えます←
また、「文章や絵だけじゃ全然わかんなかった!ちゃんと説明しろ!」という方は、セミナーも開催中ですので是非ご参加ください☆

 

【セミナーのお知らせ】

弊社では採用に関するセミナーを開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

【採用成功×働き方改革】
3月22日(木)13時半~17時 新大阪

■お申込みはこちら:http://ur0.work/Irp2

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

以上、田中でした!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日は芝のブログです☆彡

お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/ 

株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. indeedの仕組み

  2. ◆成功事例◆60代の警備員を1週間で3名集めた方法とは?!

  3. 採用成功への第一歩indeedのポイント

  4. 応募がないのは求人原稿が原因?求人原稿で採用成功へ!

  5. indeedの課金の仕組み