外食産業が生き残る為の『働き方改革』

こんにちは!採用戦略研究所の 植田 です!

私たち採用戦略研究所は、新しい採用のカタチを創る為、常に挑戦を続けているベンチャー企業です。
«採用戦略=経営戦略»であると考えており、常に一歩先をいく採用戦略をご提案いたします!

また2017年度には、大阪府ベンチャー支援プロジェクト「Booming!3.0」にも選定して頂き、これまで280社以上の企業様の採用活動をご支援させて頂きました。

このブログは、「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。
是非、ご活用下さい。

さて今回は、働き方改革が進む中で『外食産業が生き残る為の方法』をお話しししたいと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

外食産業でも働き方改革

働き方改革が進んでいる今、外食産業も例外ではありません。
とはいえ、少子高齢化と人口減で労働力不足が深刻化している外食産業は、どのように働き方改革に取り組むべきでしょうか。
大手外食チェーンですら人手不足が慢性化しており、正社員こそ少しずつ増えつつもアルバイトの採用は難航しています。

そこで今回は、コチラのブログを参考に、外食産業(主に大手外食チェーン店)が生き残る方法についてお伝えします!
(URL: https://maonline.jp/articles/plan_do_yamamoto_workstyle_reform180620

 

~外食産業の現状~

今年の3月に、農林水産省食料産業局が「外食・中食産業における働き方の現状と課題について」のレポートを発表しました。
このレポートによると、飲食産業の欠員率は全体の2倍近くにのぼっています。

また、新卒の離職率が50%近くもあり、2人に1人は3年以内に辞めてしまっているのが現状です。
人手不足になるから労働環境が悪化し、また人が減り、業務が過酷化するという悪循環が加速しているのです。
実際に、先ほどの調査からも「応募者が来ない」ことの次に「離職率が高い」ことが、人手不足の要因であるとされています。

では、こうした状況の中でどのように「働き方改革」に取り組めばいいのでしょうか。

 

~24時間営業は本当に必要か~

まず、24時間営業をしている外食チェーン店がまず取り組むべきは、時短営業です。

時代とともにライフスタイルが変化してきており、それに応じて、お店の営業手法も変えなければなりません
特に深夜営業に関して言えば、主な客層は若者世代です。

携帯が若者世代に普及する以前は、深夜帯にも需要がありました。
SNSが存在しなかった頃、若者は自動車でファミレスに集まり情報交換をしていたからです。
しかし、いまや集まらなくともSNSで簡単に情報共有ができます

そもそも、自動車離れも進んでいるため深夜帯に集まる手段もなくなりました
駅チカならともかく、郊外にある店舗に若者が集まり辛くなったのです。

また、集客率の悪さに加えて深夜帯は、お店を運営するだけでコストがかさみます
スタッフの人件費は深夜の割り増し賃金になりますし、電気代など昼間と比べても何かと運営費用がかかる為です。
価格を上げると売り上げに悪影響を与えかねない為、コストを抑える方が賢いやり方といえるでしょう。

だからこそ、24時間営業を廃止する流れが強まってきているのです。

徐々に深夜営業をする店舗を減らしていったり、
深夜営業を継続する店舗を決め、その周辺エリアは時短営業に切り替えるなど
各社がそれぞれの工夫をしながら時短営業を進めています。

 

~多様化する労働者の活用~

これまでは、雇っているスタッフの多くが学生などの若手アルバイトスタッフでした。
しかし、外国人労働者の増加や高齢者の活躍など、今や活躍が期待できる人材は多様化しています。

人手不足が深刻な外食産業こそ、こうした動きをチャンスに変え積極的に採用していきましょう!

◆外国人労働者◆
最近お目にかかることが増えてきたように私は感じていますが、もっともっと今後も増えていくと思われます!
外国人でも働きやすい環境をつくりましょう。

外国語のマニュアルを準備することや、文字だけでなくイラストなどで表記しスムーズに伝わるような工夫があれば、外国人も安心して働くことが出来ます!
スタッフに外国人がいると外国人観光客が来やすいお店作りにもなるので一石二鳥のいいこと尽くしですネ!(^^)

◆高齢労働希望者◆
シニア層の活躍も近頃、注目を集めています!

平均寿命が延びてきているので、定年後もまだまだ元気があり時間もあります。
「お金が欲しいから」、「元気があるから」、「生きがいを感じたいから」等、様々な理由で、定年後も労働意欲のあるシニア層が多いのです。

動きの機敏さや記憶力に関しては若者ほどではありませんが、その分、若者にはない知識や経験を持っています。
互いのいい部分を尊重しながら、職場のバランスを見つつシニア層の人材を上手く活用しましょう(^^)

 

~まとめ~

「働き方改革」を進めるには、まず今ぶつかっている課題を解決することから始まります。
外食産業であれば、人手不足がとても深刻化してきているため、新しい層にアプローチし、労働力を確保しましょう!

1人1人の負担を減らし、従業員のライフワークバランスを確保することこそが、企業の進めるべき「働き方改革」です。
実際の業務に取り入れるには、現実的に難しいことも多いと思いますが、手立てを打たないと現状は変わりません!

弊社では、こうしたお悩みを抱える飲食店様に向けたセミナーも開催しております^^
無料ですのでお気軽にお越しくださいね!

 

今回は以上です(^^)
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
※来週の月曜日は祝日のため、次回更新は18日の水曜日になります!

◇◆飲食店様向けセミナー開催します◆◇
 /人材定着にお困りの方必見です!\

なんと《参加費無料!》《豪華二本立て!》の超お得な内容になってます!!

『採用してもすぐに辞めてしまう…』とお悩みの飲食店様!!!
是非ご参加お待ちしております^^

1部では、働きやすい職場環境づくりについて、
2部では、IT導入補助金制度について、それぞれ専門家をお呼びしお話し頂きます。
※「IT導入補助金制度」は、ITツールを導入することで最大50万円が受け取れる制度です。

☆参加者特典☆
弊社自慢の従業員タイプ別診断『ミルベイ』が特別に無料でお受け頂けます!
参加者には事前に診断を受けて頂くので、当日は診断結果を元にお話し致します。

《プログラム紹介》

片方のみのご参加も可能ですので、お気軽にお越しください。

第一部:14:30~16:00
◇飲食店に特化したタイプ診断◇

講師:株式会社EHR 代表取締役 兼松 正 さん
1986年 神戸大学を卒業後、株式会社リクルートに入社。
5年間の人事をご経験後、マネージャー・採用事業の責任者も務められました。
2009年ファーストリテーリングに転職し、主にグローバル人事における企画・採用をご担当。
2011年に株式会社EHRを起業され、現在に至ります。

第二部:16:00~17:30
◇IT導入補助金セミナー

講師:中小企業診断士 福田 侑摩 さん
アオイコンサルタンツ株式会社代表取締役を務められています。
治療院、介護事業所及びクリニックなどを中心に、様々な事業者様の経営をサポート。
ご自身が治療院を経営していた経験もあり、それを生かしたコンサルティングを行われています。

 

皆様のご参加、心よりお待ちしております(^^)
20名様限定セミナーですので、お申込みはお早めに!

ご参加はコチラから^^

 

1,日時・場所

【日時】
2018年7月18日(水)
14:30開始(開場15分前)~ 17:30終了予定

【会場】
ユーズ・ツウ西梅田 3階Dルーム
住所:大阪市北区梅田2-1-18
最寄駅:JR大阪駅 桜橋出口より徒歩5分
JR東西線 北新地駅10番出口より徒歩2分
各線梅田駅からも好アクセス!!

 

より詳細なセミナー情報は ↓コチラ↓ よりご確認ください♪
(URL) https://www.rs-lab.jp/201800626/

■お申込みはこちら:https://goo.gl/YfzPKr
採用難の時代だからこそ、人材定着を目指しましょう^^

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社採用戦略研究所
HP:https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9
豊崎いずみビル 9F
TEL:06-4300-7120(セミナー担当係まで)
メールアドレス:share@rs-lab.jp
Facebook: @saiyousenryaku
Twitter:@saiyousenryaku

関連記事

  1. 採用費削減&応募率・定着率upの秘訣「飲食店のアルバイト採用成功事例」…

  2. 『飲食店のアルバイト採用のポイント(働くイメージが湧く求人原稿)』

  3. バイトデビューのスタッフを定着させる4つのポイント

  4. 【7月18日(水)@梅田】飲食店様向け無料セミナー

  5. 飲食店のスタッフ育成方法

  6. 飲食業界を取り巻く環境の変化