中小企業にピッタリなハローワーク!~そのメリットとデメリット~

こんにちは!採用戦略研究所の 植田 です!

私たち採用戦略研究所は、新しい採用のカタチを創る為、常に挑戦を続けているベンチャー企業です。
«採用戦略=経営戦略»であると考えており、常に一歩先をいく採用戦略をご提案いたします!

これまで300社以上の企業様の採用活動をご支援させて頂き、今年も大阪府ベンチャー支援プロジェクト「Booming!4.0」に選定して頂きました

このブログは、「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。是非ご活用下さい。

◇ハローワークは必須の採用ツールです

無料で求人を掲載できる、ハローワーク
平成29年7月厚生労働省発表のデータによると、1日に17万人もの人が利用すると言われています。

しかし、あまり効果がなかったり、そもそも掲載すらしていない企業さんも多いのではないでしょうか。
今回はハローワークを利用するメリットやデメリットをご紹介します。

〜ハローワークのメリット〜

・掲載費が無料
・他社と差別化がしやすい
・半永久的に掲載が可能
・地元採用に強い

コストがかからない為、気軽に掲載できることが何よりの魅力です。
しかし、この気軽さ故に必要最低限の情報しか記載していない企業も多く、求職者に響きにくい内容になっているのが現状なのです。

これはチャンスです!
多くの企業さんが最低限の情報しか掲載していない為、少しの工夫で目立つことが出来るのです!

求職者の興味を引くような原稿をつくるには「会社の個性をアピールすること」が最も効果的です。
必要最低限の項目だけを掲載するのではなく、自社の特徴や雰囲気が伝わるような内容にしましょう。
また、ハローワークは求職者が転居をともなわない求人を紹介することが原則なので、地元指向の強い求職者にアプローチできることも、魅力の1つです。

 

〜デメリット〜

ハローワークの弱みとして挙げられるのが、専門性が問われる職種や仕事です。
デザインやデータ分析のような特殊な技術のいる仕事や、コンサルタントのような個人のセンスが問われる仕事には、あまり向いていません。
もちろん、無料なので掲載してみる価値はありますが、ハローワークに絞った採用活動をするのではなく、他媒体と併用した方がいいでしょう。

〜まとめ〜

ハローワークは、無料で地元指向の求職者にアプローチできるので、中小企業にピッタリの媒体といえます。
お手軽に掲載でき、毎日17万人が利用していると考えると、とても魅力の詰まった媒体ではないでしょうか。

写真を掲載したり、スカウトメールのようなものを送る機能もあります。
詳しくは、私たち採用戦略研究所までお問い合わせください^^

 

今回は以上です!
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

どうすれば求者は集まるのでしょうか。

◇脱 求人広告でも 応募者は集まるし、採れるっ! 更に 助成金も徹底解説セミナー◇

採用に焦りを感じつつも、改善策が分からず迷走中の人事の皆様!経営者の皆様!
300社以上の採用実績から得た採用ノウハウを大公開いたします。

弊社は、これまで
★採用人数5人から20人に!
★採用費50%カット!
★応募数が2倍にアップ! に成功してきました。

当セミナーでは、採用市況の現状や課題・新たな採用トレンドのご紹介と、社会保険労務士をお呼びした助成金セミナーも同時開催。
限られた経費で効率的に求職者を集めるノウハウが詰まったセミナーです。

詳細はコチラ

 

〇●○●〇●○●〇●○●〇●○●〇●○●〇
株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9
豊崎いずみビル 9F
TEL:06-4300-7120
Facebook: @saiyousenryaku
Twitter: @saiyousenryaku
〇●○●〇●○●〇●○●〇●○●〇●○●〇

関連記事

  1. 自社の採用がうまくいかない?その原因と対策とは?-【Part.3】

  2. 「出世に興味ない」若者部下をやる気にさせる手はあるか

  3. “アラフォー世代” だからこその活躍

  4. 日本企業の新卒は「〇〇っぽい」 —— 人が集まりやすい企業とは

  5. 転職活動中の女性に聞く「転職理由」とは?子どもがいる女性は「年収アップ…

  6. 【大学生★釘付け】抜群のアピール力があるキャンパス内広告は学生が多い4…