『動画』の活用で求職者の志望度向上

正社員やアルバイト、新卒・中途採用の募集をする際に大切なポイントのひとつでもある“採用ページ”。
エン転職が運営している総合情報サイト「人事のミカタ」が公表している『「企業・採用HP」の情報が少ない企業は必見!ゼロからはじめる「採用情報」発信術』によると、“転職活動者の9割が「企業HP」、7割が「採用HP」から企業情報を収集すると回答”しているほど、人材採用には採用ページが必須です!

 


《動画で志望動機は上がる?》


昨年、株式会社プルークスが就活生を対象に行った調査によると、今まで動画を見たことがある就活生のうち、約8割の就活生が「志望度が大きく上がった」または「上がった」という回答でした。
一方で、「志望度が下がる」と回答した就活生の中には、「説明会の待ち時間で場つなぎ程度に使われる動画や、社員だけが内輪で盛り上がる動画は志望度が下がる」との意見もありました。

(引用:『「企業・採用HP」の情報が少ない企業は必見!ゼロからはじめる「採用情報」発信術』)


《動画で印象に残っているコンテンツは?》


就活をするにあたって見た動画の中で、印象に残っているコンテンツで最も多かった意見は「社員インタビュー」でした。
そして、順に「会社紹介」「事業内容説明」「説明会オープニング映像」などの意見が多く出ていました。

(引用:『「企業・採用HP」の情報が少ない企業は必見!ゼロからはじめる「採用情報」発信術』)

 


《詳しく知ってもらいたいなら動画で!》


1分間の動画が伝える情報量は180万語3,600のWebページ分に匹敵するとされており、 (btrax社 「動画マーケティングの威力が伝わる統計と動画作成5つのポイント」)章を読むよりも動画を見たほうが、短い時間で伝えたいことを伝えることができます。
特に「印象に残っているコンテンツ」で意見が多かった社員インタビューや事業内容説明などは、文章だけでは雰囲気もアピールポイントも伝わりづらいです。
せっかく求人をつくるなら、是非動画まで掲載し、応募者に現場の雰囲気や仕事内容が映像としてしっかりイメージを伝えましょう

 

また、動画を載せている求人を優先的に表示させている媒体もあります。

弊社であれば、原稿を作成する際の取材時に動画の撮影もコチラでさせて頂きます!
また、デザイナーさんも社内におりSEO対策にも自信があります。

応募者の心をつかむ求人を作成しましょう!

 

以上、高田でした!
最後までお読みくださりありがとうございました!

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

私たち採用戦略研究所は、新しい採用のカタチを創る為、常に挑戦を続けているベンチャー企業です。
当社では«採用戦略=経営戦略»であると考えており、常に一歩先をいく採用戦略をご提案いたします!

これまで300社以上の企業様の採用活動をご支援させて頂き、今年も大阪府ベンチャー支援プロジェクト「Booming!4.0」に選定して頂きました

人材採用に関するノウハウは弊社に沢山ございますので、何かお困り事などあればご連絡くださいね。

* … * … * … * …* … * … * … * …*

【お問い合わせ先】
株式会社採用戦略研究所
HP:https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9
豊崎いずみビル 9F
TEL:06-4300-7120(セミナー担当係まで)
MAIL:share@rs-lab.jp
Facebook: @saiyousenryaku
Twitter:@saiyousenryaku

* … * … * … * …* … * … * … * …*

関連記事

  1. フリーワード検索から読み取れるターゲットについてお話します!

  2. 時代は動画。採用活動にも有効?!

  3. 外国人労働者の受け入れには肯定派は約半数!肯定派・否定派の意見とは??…

  4. そのターゲット選び、間違っていませんか?!

  5. 3月の採用市場(中途・アルバイト採用)

  6. 採用費削減&応募率・定着率upの秘訣「飲食店のアルバイト採用成功事例」…