2019年2月の中途採用市場と今後の見通し

おとといの3月11日、DODAが発表した『2019年2月分の転職求人倍率レポート』をもとに、2月の中途採用の市場や今後の見通しについて、まとめました!

先月の中途採用市場については、以下のブログでまとめています。
▷2019年1月の中途採用市場:https://www.rs-lab.jp/20190213

★目次★

1、2月の転職マーケット
2、業種別の転職求人倍率
3、職種別の転職求人倍率
3、2019年3月以降の転職マーケット


《2月の転職マーケット》


求人倍率は2.13倍で、1月と同じでした。

求人数、転職希望者数ともに増加しましたが、増加率が同じだったため、求人倍率は変わらなかったようです。


(引用:転職マーケットの”今”を知る!2019年3月11日発表転職求人倍率レポート(2019年2月))

 

2月の求人数は、新年度に採用予定のポジションの募集を始める企業が出始めたため前月より増加2018年10月以来4カ月ぶりに最高値を更新しました。
一方、転職希望者数も年度末のタイミングでの退職を考える人が多く、こちらも増加しました。

▷昨年比

昨年の同時期と比較すると、転職希望者数が123.1%と大幅に増加しており、年々転職する人が増えています。
求人数も103.7%とやや増加していますが、転職希望者数の伸びが大きかった為、求人倍率は0.4ポイント減少しています。

転職希望者の中には、気になる企業を受けた結果、結局今の会社に残る判断をする人もいます。
その為、求人倍率が下がったとは言え、内定に至るまで転職活動をする方にとっては、まだまだチャンスの多い市況が続いています。

 


《業種別の転職求人倍率》


求人倍率は8業種 (「その他」を除く)のうち「金融」「サービス」の2業種で前月から上昇しました。
前年同月比では「金融」で上昇しています。
求人数は、8業種のうち前月比では増加率の高い順に「金融」「サービス」「商社・流通」「IT・通信」「メーカー」「メディカル」の6業種で増加。
前年同月比では増加率の高い順に「金融」「メーカー」「サービス」「IT・通信」「商社・流通」の5業種で増加しました。


(引用:転職マーケットの”今”を知る!2019年3月11日発表転職求人倍率レポート(2019年2月))

 

IT・通信業界の求人倍率が飛びぬけて高く、今月も5倍を超えています。
人手不足の業界であることが顕著に現れていますね。

 


《職種別の転職求人倍率》


▷前月比

求人倍率は、上昇幅の大きな順に、「営業系」「技術系(メディカル)」「販売・サービス系」の4業種で上昇しました
求人数は、増加率の高い順に「技術系(化学・食品)」「営業系」「技術系(電気・機械)」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(メディカル)」「クリエイティブ系」の7職種で増加しています。
最も増加率の高かった「技術系(化学・食品)」は、自動車部品メーカーでリチウムイオン電池の開発が活発で求人数が増えています。

また、人材サービス会社が受託開発事業に力を入れているため、研究開発や分析・評価の分野で化学系のエンジニアの求人増加が前月に続き顕著です。

▷前年同月比

前年同月比で求人の増加率が特に高かった「事務・アシスタント系」の職種は、3カ月連続で最も求人数の増加率が高くなっています。
求人倍率も前年よりも上昇しているため、チャンスと捉えて転職を始める人が増えそうです。


(引用:転職マーケットの”今”を知る!2019年3月11日発表転職求人倍率レポート(2019年2月))

 

『技術職(IT・通信)』や『専門職』で求人倍率が高水準にある一方で、『販売・サービス系』や『事務・アシスタント系』では求人倍率が1倍を割っています。

求人倍率が1倍を超えている時というのは、求人数よりも求職者数の方が多い状態を指し、買い手市場であるといえます。
業界や職種により、求人倍率に大きな開きがあり、採用し辛い業界や職種もある一方で、就職難といわれる人気業界・人気職種があるのも事実です。

 


《2019年3月以降の転職マーケット》


2月になり、新年度に向けた求人が出始めたため求人数が増加し、昨年10月から続いていた横ばいの状況を脱し、4か月ぶりに最高値を更新しました。

3月も引き続き来年度に向けた求人が出始めるため、求人は増加すると思います!
また年度末に退職する方の転職活動も始まるため、3月は求人数も転職者数も増加するでしょう。

長期的な目線でみると、来年はますます中途採用を行う企業が増えると私は予想しています。
理由は、『新卒採用』のルール撤廃の影響です。

今年3月1日に20年卒の新卒採用が解禁されましたが、手ごたえを感じている採用担当者が少なかったと報道されていました。
優秀な学生ほど早くから就職活動を始める為、早め早めに採用活動をスタートさせなければならないことを、多くの企業が実感しています。
来年は、いよいよルールも撤廃され、多くの企業が早くから新卒採用をスタートさせます。
学生を確保するには長期的な活動が求められるため、その分労力がかかり中途採用も併用しながら人材確保をする企業が増えると考えました。

経済状況はやや不透明になりつつありますが、依然として中途採用への期待が高い企業は多く、2019年度も求人数が多い状態となる見込みです

以上が、DODA転職求人倍率レポートのまとめと、それを読んでの私の感想でした!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

また、毎月発行しているフリーペーパーでも、中途採用の情報を載せています。
ご興味のある方は是非ご覧ください!

以下URLからダウンロード頂けます!
https://www.hrpro.co.jp/download_detail.php?ccd=00817&pno=10

 

求人倍率が2.13倍というのは、100件の求人に対して約47人しか求職者がいない状況です。
非常に厳しい状況ですが、採用に成功している企業もあります。
『今はどこも人手不足だから・・・』とあきらめず、採用に強い会社を目指して頑張りましょう!

成功事例や採用ノウハウは弊社に沢山ございますので、何かあればご相談ください。

 

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*


私たち採用戦略研究所は、新しい採用のカタチを創る為、常に挑戦を続けているベンチャー企業です。
当社では«採用戦略=経営戦略»であると考えており、常に一歩先をいく採用戦略をご提案いたします!

これまで300社以上の企業様の採用活動をご支援させて頂き、今年も大阪府ベンチャー支援プロジェクト「Booming!4.0」に選定して頂きました

人材採用に関するノウハウは弊社に沢山ございますので、何かお困り事などあればご連絡くださいね。

* … * … * … * …* … * … * … * …*

【お問い合わせ先】
株式会社採用戦略研究所
HP:https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9
豊崎いずみビル 9F
TEL:06-4300-7120(セミナー担当係まで)
MAIL:share@rs-lab.jp
Facebook: @saiyousenryaku
Twitter:@saiyousenryaku

* … * … * … * …* … * … * … * …*

関連記事

  1. 2019年トレンド予測が発表されました!~年末年始休業期間のお知らせ~…

  2. 【DODA】転職倍率レポートが発表されました!

  3. 中小企業向け「中途採用の悩みを解決するポイント」とは?

  4. 若手社員の転職理由「人間関係が合わない」「ワークライフバランスが悪い」…

  5. 2019年1月の中途採用史上と今後の見通し

  6. 中途社員の離職率が50%→0%に!中途社員の即戦力化・定着させるには?…