1. HOME
  2. ブログ
  3. 19年卒の入社式~退職代行サービスの利用が拡大~

19年卒の入社式~退職代行サービスの利用が拡大~

4月に入り、新しく新入社員を迎えた企業はたくさんいらっしゃることと思います。
そこで今回は、ベンチャー企業の入社式のご紹介と、新入社員がすぐ辞めてしまう原因と対策についてお話します!

ベンチャー企業の入社式をご紹介

4月頭に開催された入社式関連のツイートをご紹介します。

各社カラーの出た入社式になっていて、歓迎ムードが伝わってきました。
形式ばった退屈な入社式ではなく、歓迎されていることが新入社員に伝わるような入社式になれば、モチベーションにも繋がりそうです。

ソウルドアウト株式会社


全国からの新入社員が勢揃い!

株式会社サイバーエージェント


サイバーエージェントの社長の祝辞は早くも記事になっています!
「逆境こそが成長のチャンス。憂鬱でなければ仕事じゃない」。
新入社員だけじゃなく、働く社会人みんなに響く内容でした。

株式会社ネクストビート


新卒第3期目の新入社員を迎えた企業ですが、なんと昨年の2倍の新入社員が入社したそうです!

 アイレット株式会社


こちらの企業も今年度は14名の新入社員が入社したそうです!
入社式では社長自ら新入社員に向けたメッセージも送られました!

スタートアップ企業の合同入社式も・・・!


入社式を合同で・・・!「新入社員の同期は企業の外にもいる!」そんな新しい考え方を知りました!

4月入社を辞退した人数はすでに10名に!

最近、「退職代行サービス」が話題になっています。
今年4月入社した新入社員の中にもこの「退職代行サービス」を利用して退職をした人が既に10名以上いるそうです。

退職代行サービスとは
・退職したいのにさせてもらえない
・退職したいと言いづらい環境
・退職を妨害された
場合などに、退職希望者にかわって、退職の意思を伝えたり実現したりすることで、相場は5~15万です。

退職代行サービスを使って退職することに対して賛否両論があります。

「退職代行サービス」のニーズがこんなに高まっていることも、新入社員がすぐに辞めてしまうことも、今っぽいなというのが正直な感想です。
「辞めさせてくれない会社」・「辞めることを責める上司」がいて辞められない人にとっては良いサービスですが、そうでないのに、ただ逃げるように、このサービスを使って辞めることは寂しいなと思います。

逆に考えると、辞めたいと言っている社員を無理に引き留めることは、逆効果でしかないということです。
退職者に対する態度に、その会社の本当の姿が垣間見えるのではないでしょうか!

無理やり引き留めるくらいなら、最初から「辞めたい」なんて思わせない会社作りに努めましょう!

新入社員の退職を防ぐ為には?

退職についてのアンケートで、離職理由の上位として上がっているのは、「仕事が合わない」「成長できない」「労働条件が良くない」こと。
しかし、実際の社員の本音は「承認」の不足、すなわち周囲から認めてもらえなかったというケースが多いのです。

「承認」をしてあげること


どうすれば「承認不足」で辞めてしまう人材を低減させることができるのか・・・。
これには、「承認」をしてあげる人物を近くに作ってあげることが大切なポイントになります。
「承認」をすることで多くの社員のモチベーションが上がり、大きな自信と安心感をもたらすことにもなります。
しかし、これは必ず直接上司が承認してあげる必要はなく、先輩や、お客さんや取引先など外部の人から認められることも大きな自信につながります。

「承認」がもたらす様々な効果


ある研究の結果では、承認がもたらす効果として、以下のものがあるとしています。
・メンバーの自己効力感、内発的モチベーションを高める
承認されることで、「自分は頑張っているんだ」というモチベーションも上がります。
・仕事の方向性をはっきりさせる
仕事に対するやり方、動き方が合っていると承認されることで、自信にもつながります。
・組織の潜在的リスクを低減させる
上記でも述べたように、退職理由としての「承認の不足」を低減させることができます。

メンター制度でメンタルケアを!

メンター制度とは、上司とは別に、年齢の近い年上の先輩社員や社歴が近い先輩社員が新入社員や若手社員をサポートする、という制度のこと。
新入社員からすると相談しやすい兄姉のような存在をつくることで、メンタルヘルスの問題も解決できると、新入社員に向けて導入する企業も増えてきています。

最後に

ベンチャー企業は、毎年新入社員として入社する人が少ないため入社式を開かない企業が多いですが、スタートアップ企業合同説明会のように企業内だけの同期にこだわらず、企業外の同期と一緒にそれぞれの企業の目標などを知る機会を設けてみるのもおもしろいですよね!

また、現代ではメンタルヘルスも問題化されており、新入社員がすぐに辞めてしまうとお悩みの方も多いと思います。

今回ご紹介した
・「承認」をしっかりしてあげる
・メンター制度を取り入れるなどして、相談しやすい人物を近くに置く
ことで、大切な会社の一員であることを新入社員に感じてもらい、少しでも早期退職を減らせるように対策していきましょう!

新入社員の育成や内定辞退に関しては以下の記事もご参照ください♪

▷『期待の新人を辞めさせない、たった1つのコツ』

▷『内定辞退を面接で防ぐ!求職者が望む面接とは?』

以上、高田でした!
最後までご覧下さりありがとうございました。

―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―
採用戦略研究所ではSNSで採用に関する情報を発信しております♪
ぜひお気軽にフォローしてみてください(*^^*)

▽Twitter

 ▽Facebook

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*


私たち採用戦略研究所は、新しい採用のカタチを創る為、常に挑戦を続けているベンチャー企業です。
当社では«採用戦略=経営戦略»であると考えており、常に一歩先をいく採用戦略をご提案いたします!

これまで400社以上(2019年3月末時点)の企業様の採用活動をご支援させて頂き、今年も大阪府ベンチャー支援プロジェクト「Booming!4.0」に選定して頂きました!

人材採用に関するノウハウは弊社に沢山ございますので、何かお困り事などあればご連絡くださいね。

* … * … * … * …* … * … * … *
【お問い合わせ先】
株式会社採用戦略研究所
HP:https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9
豊崎いずみビル 9F
TEL:06-4300-7120
MAIL:share@rs-lab.jp
Facebook: @saiyousenryaku
Twitter:@saiyousenryaku
* … * … * … * …* … * … * … *

関連記事