1. HOME
  2. ブログ
  3. パートナー企業様からのお知らせ

パートナー企業様からのお知らせ

【5月19日開催】
オンラインセミナー「GAFAの開発を支えるインド工科大学エンジニアの採用」
株式会社ASIAtoJAPAN 株式会社ギブリー共同開催

株式会社ASIA to JAPANと株式会社ギブリーの共同開催にて、世界トップ企業にIT人材を輩出するインド工科大学のエンジニア採用に向けたウェビナーが開催されます。

コロナ渦で社会のDX化が急速に進み、研究開発を加速、強化させるために、桁違いパフォーマンスを発揮する海外エンジニア採用が注目を集められるようになりました。
中でも高い注目を集めている人材がGoogle CEO等を輩出するインド工科大のIT人材になります。
しかしながら、多くの日本企業にとってインド工科大人材を始めとした海外エンジニア採用にはブラックボックス的な部分が多く、限られた企業しか実行できていません。
高いパフォーマンスを発揮する海外エンジニアへの期待はあるものの、情報不足からその採用を足踏みする企業様も多いという状況です。

今回は、世界トップ企業にIT人材を輩出するインド工科大学(IIT)の就職責任者をゲストに迎えたWEBセミナーが開催されます。
インド国内に23校あるIITの中でも、2年連続でランキングトップとなったマドラス校の就職担当教授を招き、世界トップクラスのIIT学生の就職事情、職業観、日本企業への関心についてお話いただき、株式会社ASIA to JAPANの代表三瓶氏よりインド工科大の採用手法について説明いただきます。

開催概要

■日時
2021年5月19日(水)12:00~13:00

■参加費
無料

■登壇者
インド工科大学マドラス校 就職責任者(工学部教授) Shankar Ram様
株式会社ASIA to JAPAN代表取締役社長 三瓶 雅人 様
株式会社ギブリー 執行役員 兼 HR Tech部門 事業推進部長 山根 淳平様(モデレーター)

■こんな人にオススメ
・海外トップエンジニアを組織に引き入れ、研究や開発の競争力を強化したい経営者、CTO、開発責任者の方
・高度IT人材を巻き込んだ多国籍の組織運営に興味があるエンジニアリーダー、人事の方
・海外トップ人材の採用、定着手法に興味がある人事責任者の方
・インド工科大学生のオンライン採用に興味がある人事、採用担当者様

■場所
オンライン(Zoomウェビナー)
※視聴URLは開催前日までに案内

■申込方法
申し込みはコチラ(https://tracks.run/seminar/sprint53/)

■申込締切
2021年5月18日(水)

■主催
プログラミング「学習・試験」プラットフォーム「track(トラック)」を提供する株式会社ギブリーと海外トップクラスの理系学生を「日本で面接」する「Study Go Work JAPAN」を運営するASIA to JAPAN様との共催になっております。

関連記事