子育てママの戦力化に傾注する会社はどこ?

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナー西村です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。

さて、本日の気になるニュース・トピックスはこちらです!
『子育てママの戦力化に傾注する会社はどこ?』
※出典「https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/198136」より引用

☆始めに・・・
現在、日本は働く人材の不足が問題になっています。中途の有効求人倍率は2.25倍で、求職者が企業を選ぶ時代になっています。そこで、働ける人がいたら多く雇いたいと思います。そこで注目されているのが、主婦の方を復帰させることです!今回はこの主婦層についてお話していきたいと思います!

◇◆従業員向けの保育施設の増加◆◇
人材不足が続く中、働くママの活躍に期待する企業が増えてきています。コンビニで有名な、セブン&アイホールディングスは10月、従業員向けの保育施設を開設し、ママの中で大きな悩みだった待機児童の問題を解決し、母親を戦力として向かい入れる環境を整えました。
これは「企業主導型保育所」制度を利用したもので、保育所の開設や、維持するためにかかる費用を負担しても、人材を確保できるメリットは十分にあると思います。
また、中小ベンチャー企業では、ハイキャリア、ハイスキルのママたちの需要が高まっているそうです。これは、就業経験はもちろん、ママ友や学校の先生などでコミュニケーション力が高いママさんを採用する企業が増えてきているようです。

◇◆様々な企業でも主婦が注目されている◆◇
人材派遣会社のビースタイルでは、過去年収500万以上のハイキャリア女性の短時間勤務を企業に派遣・紹介するサービス「時短エグゼ」の求人数が伸びています。上場を目指すITベンチャーからの需要も拡大しているようですね。
マーケティング支援を行うイノベーションでは、経理部門3名のうち、2名が時短で働くママだそうです。上場する前から働いていたそうですが、上場した後も仕事を評価してそのまま働いてもらっているようですね。

◇◆フルタイムという壁が確実に低くなっている◆◇
事例ばかりで申し訳ないのですが、クラウドサービスを展開するシャノンも働くママが多い企業の一つです。この企業は「子育てが一段落した優秀な女性が復帰しないのはもったいない!」ということで40代の女性も正社員として採用しています!!優秀な人材を手に入れるのには、年代なんて関係ないですね!!
家庭の制約で仕事を続けられないママたちは多く、仕事との折り合いがつけやすい環境を整えることが大切になってきます!優秀な主婦層を戦力化したいのならば、ここを改善していくとよいですね!!

今回は主婦層の採用の話をさせていただきました!!優秀な層を手に入れやすい主婦層はとてもオススメですね☆

以上、記事を読んでの西村の気づきでした!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを多数開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。

■詳細な情報はこちら
案内PDF:セミナー詳細はこちら
お申込みフォーム:https://goo.gl/LG9yX5

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
http://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
http://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 正社員のリアル副業動機は「収入」 —— 年間10万円以上稼ぐ人は3割

  2. 【大学生★釘付け】抜群のアピール力があるキャンパス内広告は学生が多い4…

  3. 飲み会じゃなくてランチで良くない?会社懇親会の不満を解消する「部ランチ…

  4. 『ベースアップで社員のモチベーションを上げるためには?社員の本音』

  5. グーグル社員が「労働時間」を問われない理由―「時間管理はおろかな考え方…

  6. 20代の就活経験者500人に聞きました/選考時に最も話を聞きたい人は「…