【展示会で「人が集まるブース」にするための3つのポイントを展示会のプロに聞いてみた。】第二弾

採用戦略研究所のHRアシスタントプランナーの田中です。

採用戦略研究所は「採用戦略は経営戦略の重要ファクターだ!」のもと、
「求人の新しいスタンダードを創る!」を目指す、大阪府ベンチャー支援Booming!大阪にも採択頂いたベンチャー企業になります。
→具体的には自社採用サイトの構築支援やindeed広告の代理店などで200社以上の実績あり!

さて、この採用戦略研究所のブログでは、私たち入社間もないHRアシスタントプランナーが自らの成長や勉強もかねているのですが「採用に関するお役立ち情報」を企業の経営者様や人事の皆様に発信させて頂くことで、お役に立ちたいと思い立ち上げたブログになります。ぜひ、ご活用ください。
他社の成功事例から課題はどこにあって、どんなことをして実際どのような効果が出たのかなど少しでも皆様の参考になる情報をお届けできるよう努めて参りますので宜しくお願い致します!

今回は下記の記事を参考にまとめました!

さて、本日も気になるニュース・トピックスはこちらです!

【展示会で「人が集まるブース」にするための3つのポイントを展示会のプロに聞いてみた。】第二弾

https://www.synergy-marketing.co.jp/blog/interview-exhibition-booth

———————————————————————-
今回は前回の私のブログに引き続き【展示会で「人が集まるブース」にするための3つのポイントを展示会のプロに聞いてみた。】から学ぶ採用ブースのお話です!
〜前々回のブログ〜https://www.rs-lab.jp/20180208/

〜前回のブログ〜https://www.rs-lab.jp/201802015/

◇◆その後のフォロー◆◇

前々回から取り上げている記事の中に、「陥りがちな失敗」としてアンケートの獲得目標を達成して満足してしまって、その後フォローしないケースが多いと書かれています。
これはもちろん採用のブースでも言えることです!
私が知っているブースの費用は最低でも60万円程度かかります。
準備が大変な分、きっと達成感なども大きいのではないかと思いますが、その目標が「履歴書の回収」にすり替わってしまうケースが少なからずあるのではないでしょうか?
しかし皆様もご存じの通り、重要なのは後追いです!

◇◆すごく重要な「後追い」◆◇

一般的には電話での後追いが多いかと思います!
わたしがEXPOに求職者として紛れてきた際には7枚の履歴書を使用し、そのうち3社から連絡があり、1社だけが定期的に連絡をいただけました。
ちなみにどんな企業様に履歴書を渡したか、2日も経てば忘れていました(笑)
果たして求職者が一般的にそうなのか、私だけかは分かりませんが、時が経てば忘れるのは人間として必然であるかと思います。
もちろん「EXPO当日に説明会日程を決めてもらったから大丈夫」なんてことも無いです!
実際に求職者との連絡が途絶える、説明会・面接に求職者が来ない…なんてことも最近は増えています。
採用したい人・面接してから検討したい人には2~3日以内に連絡を取りたいですね♪
実際に早く連絡を取ることで採用数の増加した成功事例があります!

◇◆私と一緒に合説に参加した友人の話◆◇

私は偵察として参加しましたが、私と一緒に参加した友人本気で転職先を探していました。
合説に参加している間は別行動でしたが、終了後にカフェで質問責めしました!
後から「俺は仕事を探しに来たんであって質問に答えるために参加したんじゃない」と怒られてしまいましたが…(笑)
しかしそこで奇妙な話がありました。
―いい会社だと思ったのに何をしている会社か分からない現象
まずは友人が話を聞いた企業様のパンフレットを全て出してもらって、それぞれの会社を説明してもらいました。
その中で、「この会社めっちゃよかった!面接受けてみよかな?」という企業様があったのですが、
「ちなみにその企業は何の会社なん?」と聞いてみると
「…あれ、この会社何してる会社なんやろ?ほんまや!聞かれるまで気づかんかった!」とか言い出しました(笑)
この企業様は1対1で話す形式のブースをしていたようで、
おそらくこの担当の方の話し方が上手かったのか、会社のいいところはしっかりと伝わっていました!
仕事内容がしっかり伝わっていないと定着率が心配ですが、案外現代人は仕事内容よりも職場の雰囲気を重視している求職者も多いので、「良さをしっかりと伝える」というのは非常に大切です♪

友人もどうかと思いますが、企業様それぞれのいいところを上手く伝えることで求職者の記憶には強く残ります。
また、説明する担当や面接担当の方も、求職者との共通点を見つけて話すなどして距離を詰めることで、きっと求職者の記憶には好印象として残るかと思います。
伝え方・後追いをしっかりと考え実行することが、合説成功の秘訣ですね!

以上、田中でした!
次回の田中のブログでは、indeedについての事を少しお話ししようかと思います♪
最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日は芝のブログです☆彡

お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/ 

【セミナーのお知らせ】
弊社では採用に関するセミナーを開催しております。詳細は下記をご確認よろしくお願いいたします。
【必勝!!成功事例から学ぶ採用の悩み解消セミナー】
2月23日(金)10時から12時 神戸
2月28日(水)15時半から17時半 新大阪

■お申込みはこちら:http://ur2.link/ICQf

採用が難しい時代になりましたが、ぜひ採用費削減していきましょう!

株式会社採用戦略研究所
https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F
お問合せ↓↓
https://www.rs-lab.jp/form/

関連記事

  1. 中小企業向け「中途採用の悩みを解決するポイント」とは?

  2. 最近注目の「秋採用」とは一体…?~前編~

  3. 「ディズニー流」人材育成法、どんな職場でも3日あれば変わる!

  4. 最新の転職求人倍率レポート!職種・業種別にお話します!

  5. 副業を推進で人材を吸収!?

  6. 中途採用の採用コストってどのくらい?