1. HOME
  2. ブログ
  3. 中途採用の採用コストってどのくらい?

中途採用の採用コストってどのくらい?

公開:2018年8月22日
更新:2019年9月02日

採用側にとって厳しい採用市場が続く中、各企業の採用コストは上昇傾向にあります。
採用コストを抑えつつ多くの人材を確保したいですが、難しいところ。

「たくさんの求人媒体を使って、多くの人に見てもらおう!」

という考え方では、無駄な採用コストを生み出しているかもしれません。
そこで今回は、「採用コストの内訳」や「計算方法」、「平均的な予算感」についてご紹介します!

採用コストとは

「人材を採用するのにかかる経費」のことです。
新卒採用か中途採用か、また一般職か専門職か等、どのような人材を採用するかによってこの数字は大きく異なります。
また、単純に1人あたりいくらで採用できたのか(採用単価)は「採用コストの総額」÷「採用人数」で計算できます。

一般的に、採用コストは外部コストと内部コストに分けられます。
●外部コスト:外部へ依頼する、広告費や人材紹介費用など
●内部コスト:面接や採用を行う時間や労力にかかる人件費など

「求人広告費」や「会社案内などの採用ツールの制作費」、「内定者への研修費」など、採用する為には多くの費用がかかります。
中途採用の場合は、特に「外部コスト」が膨らみがちなので、そこをどう抑えるかが大きな課題です。

中途採用にかかる採用コスト

募集する人材によって異なるため、ここでは中途採用についてお伝えします。
採用コストの計算するには、外部コストと内部コストをそれぞれ合計を算出する必要があります。

外部コストはリスト化して合算できるので明確ですが、人件費のような内部コストではそうはいきません。
採用プロセスに費やした時間を担当者ごとに明らかにし、時給換算などでコストの明確化をするなどの工夫が必要です。

中途採用の場合は、新卒のように研修や説明会をたくさん行わない場合が多い為、コストは抑えやすいでしょう。
しかしその分、求人メディアへの広告費や人材紹介会社への費用がかさむため、新卒よりも費用がかさむことがあります。
特に、即戦力として条件の高い人材を採用する場合には、広告費用や人材紹介料が高くなりがちです。

1社当たりの採用コスト

以下のグラフは、「職種ごとに、直近1年間でかけた求人広告費をお答えください。」という質問に対して寄せられた回答です。

(出典元:マイナビ転職中途採用状況調査(2017年度))

このグラフから、「販売・フード・アミューズメント」系の会社が約413万円もの費用がかかっていることがわかります。
次いで「営業」が約224万円、「医療・福祉」が約138万円と、人の入れ替わりが比較的多く、定着しづらいとされている職種は求人広告費用も増えてくるようです。

中途採用1人当たりの平均コスト

次に、以下のグラフは、中途採用で1名採用する為にかかる求人広告費を職種別にまとめたものです。

(出典元:マイナビ転職中途採用状況調査(2015年1月~2015年12月)

IT関連技術職、建築・土木関連の技術職採用に大きな求人広告費がかかっており、公共サービス関連職ではその1/2程度になっています。
上記の表からも、採用する職種によって採用コストに大きな差があることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

このため、平均コストはあくまでも参考程度にしかなりませんが全職種・全業界の平均は売上に対して5%から10%といわれています。
例えば売上が1000万円の企業だとすると、年間にかかる広告費用は50万円。
月間にすると4万円という計算になります。

また、マイナビ転職の調査によると、中途採用のコストでは広告費用は約227万円、人材紹介費は約561万円、1人あたりで約40万円となっています。

採用コストを抑えるポイント

外部コストを削減する為には、求人原稿や採用サイトを見直して効果を高めるのが効果的です。
内部コストの削減には、ミスマッチの防止やリファラル採用の実施など採用にかける手間や時間を減らす工夫が必要です!

経費を抑えながら採用を成功させましょう!

【まとめ】

今回のブログのポイントをまとめました!

  • 中途採用では外部費用が膨らみがち
  • 目安は売上に対して5~10%程度
  • 職種や業界によって大きな差があるので あくまで参考程度
  • 値段を抑えることよりも 値段に見合った成果を出すことが大事

ただただ費用をおさえようとするのではなく、何にいくら使っているのかを明確にすることがポイントです。

単発的な募集であれば、求人広告の掲載もオススメですが、長期的に募集をかけるのであれば、採用サイトの作成がオススメ!

採用戦略研究所では、採用費の大幅削減に成功した事例も多数ございます。
1社1社に適した求人媒体の選び方や、採用費の見直し、人材定着まで、人材採用に関わる全てを私たちにお任せください!

【採用戦略マガジン】ダウンロード


『採用関連の情報』を10ページにまとめた弊社オリジナル冊子です。
無料なのでお気軽にダウンロードください♪
採用戦略マガジン最新刊のダウンロードフォーム/採用戦略研究所

合わせて読みたいブログ


アルバイト採用に関する費用やコストまとめ
新卒採用にかかる費用や平均コスト
無料掲載『ハローワーク』の活用術

お問い合わせ先


株式会社採用戦略研究所 ブログ担当者
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル 9F
TEL:06-4300-7120  MAIL:share@rs-lab.jp
 公式Facebook  公式Twitter  @saiyousenryaku 

<プロフィール>広報担当:植田有佳子

関連記事