成功事例その3『仕事内容を明記して2社の採用が成功』

採用戦略研究所の『採用成功事例』を3回にわたってお伝えしています!

第1回目:「求人媒体を変更し効果を上げた事例:https://www.rs-lab.jp/20190318
第2回目:「超採用難な職種での採用成功事例:https://www.rs-lab.jp/20190320
第3回目:「仕事内容を明記して採用成功した事例2社:当ページ」

第3弾である今回は、「木工加工会社のライン作業スタッフ」と「仕出し屋さんの管理職」の成功事例をご紹介します!

求人内容に共通点はありませんが、この2社はどちらも「仕事内容をわかりやすく明記」して応募を獲得しました。

 

《目次》

【1】採用事例1:木材加工のライン作業のスタッフ募集
【2】採用事例2:仕出し屋さんの管理職を募集
【3】成功ポイントまとめ
【4】実際に2社が利用したプラン

 


《成功事例1:木材加工のライン作業スタッフ募集》


1社目は、木材を加工し框(かまち)を作っている会社で、ライン作業をするスタッフの募集を行いました。
これまではハローワークで求人を出していましたが、2018年になってから応募がこなくなったとのことで、ご相談いただいたのが、きっかけです。

原稿を作成する際、私たちが意識して行ったことは 仕事内容を分かりやすく明記することたったこれだけです。
「分かりやすく」というのは、自社のことを全く知らない求職者が読んで、仕事内容をイメージできるレベルを指します。

『木材加工の会社です!』では伝わりませんし、『框(かまち)を作ってます!』と書いても「框ってなに??」ってなります。
ちなみに、框(かまち)は「玄関などの段差部分に取り付ける化粧材」のことを指すそうです!

(引用:https://shukenk.jp/word/agarikamachi/

 

「何を作っている会社なのか」、「どんな風に作っているのか(全行程の紹介)」 を原稿に記載して仕事の目的や、やりがいを求職者に伝えましょう。
もちろん採用後に任せたいと思っている作業内容も具体的に記載することがポイントです。

このような作業スタッフは、1人1人の作業は簡単でも、全体でみると大きな仕事です。
会社の全体像を伝えて、ワクワク感を、個々の作業内容を伝えて、自分にも出来るという安心感、感じてもらえるような原稿を作りましょう!

「やってみたいな」 かつ 「自分にも出来そうだな」 と求職者に思ってもらうことが、採用成功の要因です!

 


《成功事例2:仕出し屋さんの管理職を募集》


管理職の募集でも、「仕事内容を分かりやすく明記」することで、応募を獲得した事例があります。

今回の募集は、「人事部と総務部の責任者として業務を任せられる人が欲しい」とのことで、実際に任せたい仕事や、やってもらう業務を具体的に記載しました。
管理職の募集でよくあるのが、「幹部候補」、「社長の右腕」、「責任者」 の募集と書いてしまい、具体的な業務内容が分かりづらい求人です。

私たちは今回の募集で、所属部署任せたい業務内容これから話し合って一緒に考えてもらいたい課題期待していることまでサイトに記載しました。

結果、1か月足らずで6件の応募があり、うち1名を採用。
想像以上に早く採用できたので、余った広告費用を他の求人に充てて、求人を掲載しています。
(↑宣伝ですが、これが出来るのが、弊社「トレマッセ」の魅力の1つです)

『こんな仕事をやってもらおうと思っている』に加えて、ゆくゆくは、「こんなことを一緒に考えてもらいたい」「会社でこんな立ち位置になってもらうことを期待している」等まで記載したことで、長い目でみたキャリアパスが明確になりました。

 


《成功ポイントまとめ》


求人原稿を作っている人が、「分かりやすく記載しているつもりであること」 と、求職者が「読んでイメージできること」 は別物です。
初めて読んだ人が、仕事内容を具体的にイメージできることを意識して、原稿を作成しましょう。

客観的視点で原稿を作成することが成功ポイントです!

前回お伝えした「警備員の事例」でも、「警備員であること」よりも、「警備員がどんな仕事をしているのか」を原稿で伝えることが大事だとお伝えしました。

業界や職種の名前、肩書ももちろん大事ですし、それで仕事を選ぶ求職者も一定数は存在します。
でも、そんな人たちは少数派で、多くの人は「どんな仕事をするのか」を求人を見てイメージして、応募する求人を選んでいます。

そして何より、仕事内容を具体的に伝えた方が、『入社後のミスマッチ防止』にも繋がります!
「想像していた仕事と違う」とならないように、しっかりと伝わるような具体的な内容を記載しましょう。

 


《実際に2社が利用したプラン》


今回の記事でご紹介した2社はトレマッセ お試しプラン:315000円』を利用されました。
この中には、採用サイトを作る初期費用と、Indeedの広告費用20万円分と、運用手数料が含まれています。

トレマッセ とは・・・
採用サイトを作成し、Indeed の運用代行まで行うサービスです!
「求人原稿の作成」から「応募者の獲得」までをトータルでサポートします。

登録できる求人数に制限がないため、店舗ごと・職種ごとの原稿作成はもちろん、ターゲット別に複数の原稿を作ることも出来ます。
(↑2社目の事例でご紹介した『想像より早く採用できたから他の求人に費用を充てられた』のはこの為です。)

今年リリースされた Google for jobs にも対応しています!
今までは、求人サイトや情報誌に求人情報を掲載する採用活動が主流でしたが、もう求人広告だけで人が採れる時代ではありません。
今は、自社の採用サイトを使った採用活動が主流になってきています。
これを行う為には、採用サイトを作ってそこに求職者を集めるプロモーションをかける工夫が必要です。

私たちは採用戦略研究所の強みは、複数媒体を取り扱っているので、各媒体の特色を理解した上でご提案が出来ることです。
そのほかにも、370社以上の採用支援実績から得た採用ノウハウがたくさんあります。

以下のページでは、他にも沢山の採用事例をご紹介しているので、参考にしてみてくださいね!
https://www.rs-lab.jp/category/saiyousenryaku/zirei-saiyo/

 

以上、植田でした!
最後までご覧下さりありがとうございました。

3回にわたってお届けした、『採用成功事例集』は終了です。
第1回目:「求人媒体を変更し効果を上げた事例:https://www.rs-lab.jp/20190318
第2回目:「超採用難な職種での採用成功事例:https://www.rs-lab.jp/20190320

↑それぞれの成功企業の事例から自社の採用活動を参考にしてください!

 

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*


私たち採用戦略研究所は、新しい採用のカタチを創る為、常に挑戦を続けているベンチャー企業です。
当社では«採用戦略=経営戦略»であると考えており、常に一歩先をいく採用戦略をご提案いたします!

これまで370社以上の企業様の採用活動をご支援させて頂き、今年も大阪府ベンチャー支援プロジェクト「Booming!4.0」に選定して頂きました

人材採用に関するノウハウは弊社に沢山ございますので、何かお困り事などあればご連絡くださいね。

* … * … * … * …* … * … * … * …*

【お問い合わせ先】
株式会社採用戦略研究所
HP:https://www.rs-lab.jp/
大阪府大阪市北区豊崎2-7-9
豊崎いずみビル 9F
TEL:06-4300-7120(セミナー担当係まで)
MAIL:share@rs-lab.jp
Facebook: @saiyousenryaku
Twitter:@saiyousenryaku

* … * … * … * …* … * … * … * …*

関連記事

  1. 優秀な在宅ワーカーを短期間で採用!【成功事例】

  2. 募集エリアが特殊な場所での採用成功事例

  3. 成功事例その2『超採用難な職種の採用成功事例』

  4. 「お祈り」された就活生対象に「不採用採用」始まる 「不採用をどう受け止…

  5. ◆成功事例◆60代の警備員を1週間で3名集めた方法とは?!

  6. 【面白採用事例】エゴサーチ採用